殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2020/06/06 20:19
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2020/06/06 号 (No.4998)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

▼△▼お詫び▲▽▲
 昨日、2020/6/5号の日出没・月出没データが6/4〜6/5のデータとなってしま
 っていました(本来は6/5〜6/6のデータであるべき)。
 また、送信メールのタイトルの日付も 6/4となっておりました。
 申し訳ありません。
 日月出没時刻の正しい値については、バックナンバーの頁は修正済みですの
 でデータ等としてご利用いただく場合は、こちらの数値でご確認ください。

 2020/6/5号バックナンバー URL
http://koyomi8.com/cgi/magu/index.php?date=20200605

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 暦注は発見か発明か?(私見)
□皆様からのお便り紹介
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◇「こよみのページ」のツイッター
 ・https://twitter.com/k_koyomi (こよみのページのメイン)

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和  2年  6月  6日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2020年  6月  6日  [月の] 第1週 第1土曜  [年の] 158日目 残り 209日
旧暦 閏 4月(小) 15日 (赤口)
ユリウス通日 2459006.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 芒種 (6/5 〜 6/20)
 七十二候  蟷螂生ず (6/5 〜 6/9)

■祝日・節入日・候入日・雑節等
 満月  望。月と太陽の黄経差が180°となる日。天文学的満月。
    旧暦の十五夜とは一致しないことが多い。

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(6/6)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  庚辰 [かのえたつ]
 十二直  開  [ひらく] 小吉.造作,婚礼吉.葬式などの不浄事凶
 二十八宿 氏  (※氏+一)[てい] 婚礼,移転,種まき吉.造作,着初め凶
 二十七宿 心  [しん] 神事,仏事,移転,旅行吉.造作大凶
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 ◇主な暦注
  天恩日 [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと

◆明日(6/7)のデータ
 六曜   先勝 [せんがち] 朝〜昼は障りなし.昼過ぎ〜夕は悪い
 日干支  辛巳 [かのとのみ]
 十二直  閉  [とづ] 凶.金銭収納,墓作りは吉.造作,旅行凶
 二十八宿 房  [ぼう] 大吉.婚礼,旅行,神事,造作大吉
 二十七宿 尾  [び] 婚礼,開店,移転,造作吉.衣類裁断は凶
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  天恩日 [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  十死日 [じゅうしにち] 天殺日ともいう.受死日に次ぐ凶日
  重日   [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(06/6) の誕生花
 ジギタリス      熱愛・隠されぬ恋
 ペンステモン   勇気,あなたに見とれています

◆明日(06/7) の誕生花
 ホワイトレースフラワー(毒芹疑) 可憐な心
 イワカガミ(岩鏡) 忠実
 ストケシア(瑠璃菊) 清楚な娘・追想

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇おけいこの日,いけばなの日
  昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われていることか
  ら。

 ◇ロールケーキの日
  ロールケーキの「ロ」の音と「6」の形がロールケーキの巻いている形状
  に見えることに由来。
  小倉ロールケーキ研究会の提唱により平成17(2005)年に制定。

 ◇飲み水の日
  1990年(平成2年)に東京都薬剤師会公衆衛生委員会が制定。
  世界環境デーの翌日。「薬だけでなく健康にかかわりあいのあるものに
  貢献していくのが薬剤師の仕事」として、東京の水道水の水源である利
  根川などの水質検査を行なっている。

 ◇兄の日
  姉妹型、兄弟型の研究で知られる漫画家の畑田国男さんが提唱。
  双子座のほぼ中間日に当たる6月6日を記念日としたもの。

 ◇補聴器の日
  1999年(平成11年)5月に全国補聴器メーカー協議会と全国補聴器販売店協
  会が制定。6を2つ向かい合わせにすると耳の形に見えることから。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)


■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 6/ 6)
  日出  3時55分( 57度) 日没 19時11分(302度) 昼 時間 15時間16分
  月出 19時46分(122度) 月没  4時 5分(239度) 正午月齢 14.4
 ・札幌 ( 6/ 7)
  日出  3時55分( 57度) 日没 19時12分(303度) 昼 時間 15時間17分
  月出 20時51分(124度) 月没  4時54分(236度) 正午月齢 15.4
 
 ◆仙台 ( 6/ 6)
  日出  4時12分( 59度) 日没 18時57分(300度) 昼 時間 14時間45分
  月出 19時31分(120度) 月没  4時21分(241度) 正午月齢 14.4
 ・仙台 ( 6/ 7)
  日出  4時12分( 59度) 日没 18時58分(300度) 昼 時間 14時間46分
  月出 20時35分(121度) 月没  5時12分(239度) 正午月齢 15.4
 
 ◆東京 ( 6/ 6)
  日出  4時25分( 60度) 日没 18時55分(299度) 昼 時間 14時間30分
  月出 19時29分(118度) 月没  4時34分(242度) 正午月齢 14.4
 ・東京 ( 6/ 7)
  日出  4時25分( 60度) 日没 18時55分(299度) 昼 時間 14時間31分
  月出 20時32分(120度) 月没  5時25分(240度) 正午月齢 15.4
 
 ◆大阪 ( 6/ 6)
  日出  4時44分( 61度) 日没 19時 9分(298度) 昼 時間 14時間24分
  月出 19時43分(118度) 月没  4時54分(243度) 正午月齢 14.4
 ・大阪 ( 6/ 7)
  日出  4時44分( 61度) 日没 19時 9分(298度) 昼 時間 14時間25分
  月出 20時46分(119度) 月没  5時46分(240度) 正午月齢 15.4
 
 ◆岡山 ( 6/ 6)
  日出  4時51分( 61度) 日没 19時15分(298度) 昼 時間 14時間24分
  月出 19時50分(118度) 月没  5時 1分(243度) 正午月齢 14.4
 ・岡山 ( 6/ 7)
  日出  4時51分( 61度) 日没 19時16分(298度) 昼 時間 14時間24分
  月出 20時53分(119度) 月没  5時53分(240度) 正午月齢 15.4
 
 ◆福岡 ( 6/ 6)
  日出  5時 8分( 61度) 日没 19時26分(298度) 昼 時間 14時間19分
  月出 20時 2分(118度) 月没  5時18分(243度) 正午月齢 14.4
 ・福岡 ( 6/ 7)
  日出  5時 8分( 61度) 日没 19時27分(298度) 昼 時間 14時間19分
  月出 21時 5分(119度) 月没  6時10分(241度) 正午月齢 15.4
 
 ◆那覇 ( 6/ 6)
  日出  5時36分( 64度) 日没 19時20分(295度) 昼 時間 13時間44分
  月出 19時55分(115度) 月没  5時46分(245度) 正午月齢 14.4
 ・那覇 ( 6/ 7)
  日出  5時36分( 63度) 日没 19時21分(296度) 昼 時間 13時間44分
  月出 20時57分(117度) 月没  6時40分(243度) 正午月齢 15.4
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■暦注は発見か発明か?(私見)
 本日は、Oさんからいただいたメールから話を始めます。

 ------------- Oさんからのメール --------------
 Subject:  質問です!

 いつも楽しく学んでいます。 Oと申します。
 一つ知りたいことがあってメールします。
 天赦日についてお聞きしたいです。
 これは、どこかの誰かが発明したのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。
 ----------------------------------------------

 もちろん本当は「Oと申します」ではなく、お名前が書いてありましたけど
 内容とは関係ないので、イニシャルのみにて失礼します。
 Oさんに無駄な期待を抱かせてしまってはいけないので始めに答えておくと

  誰が発明したのかわかりません

 というのが私の答えです。
 私の不勉強というのもあるかもしれませんが、おそらく一所懸命に調べ上げ
 ても、その発明者を特定することは出来ないのではないかと思います。
 その辺の話は、これから追々。

◇暦注は発見か発明か
 発見とは、既に存在していたけれど、知られていなかったものが見いだされ
 ること。たとえば、「新惑星発見!」なんていうのが発見です。人間が見つ
 けようが見つけまいが、発見された惑星は元からあったわけですから。

 また、「ニュートンが万有引力の法則を発見した」のような使い方もありま
 す。ニュートンがリンゴを落ちるのをみて発見する前から、万有引力の法則
 は成り立っていて、リンゴは数限りなく落ちていたはずですからね(もった
 いないことに・・・)。

 「発見」対して「発明」という言葉があります。こちらは新しい物事を考え
 出すこと。言葉としては新しい道理を明らかにするという意味もありますが
 それを言い出すと「発見」との差がわかりにくくなるのでここでは

  発見:既にあったものを新たに見いだすこと
  発明:新しい物事を考え出すこと

 として使うことにします。
 この使い方からすると、質問にあった天赦日のような暦注は発見か発明か。
 私の見方は「発明」です。

 日によって本当に吉凶があって、その吉凶の巡りに何らかの法則があるのだ
 とすれば、暦注は発明ではなく発見のはずです。万有引力の法則が発見であ
 るように。

 ただ、ニュートンが万有引力の法則というアイデアを思いついただんかいで
 は、これは「発明」といってもよかったと思います。新しい物事を考え出し
 たわけですから。しかしその思いついた法則を現実の天体に当てはめてみる
 と、

 ・惑星や彗星、小惑星などの正確な位置予測が出来た。
 ・天王星の位置予測のずれから、未知の惑星の存在と位置を予測し、その位
  置を探したら海王星が見つかった

 のように、現実によく合致したものであることがわかり、単なる思いつきの
 アイデアではなく、自然界に元々存在していた、それまで知られていなかっ
 た法則を「発見」したと認められるようになりました(その後、万有引力の
 法則では説明できない事象が確認され、相対性理論へと進んだという話は、
 皆さんご存じの通りなので省略)。

 日刊☆こよみのページでは幾度も書いてきましたが、暦注の多くは、昔々の
 科学的仮説であった、陰陽説と五行説と結び付いて考え出されたものです。

 日に六十干支をつけて示すことは、遙か殷王朝じだいから行われていたとい
 いますし、年や月も六十干支をつけて示すようになってからも二千数百年が
 経過しています。この六十干支の十干(天干)にも十二支(地支)のどちら
 も陰陽五行説による「性質」が紐付けされているため、その組み合わせによ
 って、日毎に様々な陰陽五行説的な説明が行われるようになったのです。

 たとえば「丙午」は丙も午もどちらも、火性であり陽性という性格の十干と
 十二支なので、この二つが組み合わさると

  火性×火性 → とっても強い火性

 のように考えるわけです。この考えから、丙午の年は大火があるのではとか
 この年に生まれる人は気性が激しい(火のように)のではないかといった予
 測(勝手な思い込み)が生まれました。

 陰陽五行説が本当に現実を正しく表現出来る理論であれば、万有引力の法則
 のように単なる思いつき、仮説の域を脱していたでしょうけれど、残念なが
 ら科学の世界では、その有効性を認められるものとはならず、「科学」の世
 界からは忘れ去られることになりました。

 その結果、陰陽五行説という科学理論によってその日の出来事を予測できる
 と、大昔は真剣に考えられていたことも、陰陽五行説の科学理論としての有
 効性の消滅とともに、「迷信の世界のもの」となったのでした。

 万有引力による惑星運動の予測も、陰陽五行説に基づく日の吉凶の予測も、
 その始まりは誰かの思いつき、発明でしたが、その後の検証の結果、万有引
 力の法則という思いつきは、自然界に存在した法則を見いだしたものという
 自然法則の発見という地位を得ました。

 しかしながら、陰陽五行説に基づく日の吉凶判断には、これを裏付ける事実
 が確認されませんでしたので、昔の人の単なる思いつきの域を出ることがな
 かったのです。こうしたことから

  暦注は発見されたのではなくて、発明(単なる思いつき)されたもの

 と私は考えています

◇暦注の発明者はよく分からない
 冒頭で「天赦日の発明者はわからない」と書きましたが、天赦日以外の暦注
 の発明者もわかりません(少なくとも今思いつく範囲では)。その理由とし
 て思いつく理由は次の3つ

  1.古すぎてわからない
  2.あたり前すぎてわからない
  3.判らないようにしているから

 一つずつ簡単に説明すると

 1.古すぎて判らない
  「釣り針を発明したのはだれですか」みたいなもの。
  釣り針が自然に出来たわけではないことは判りますけど、気がついたとき
  にはあったんです。誰が発明者といわれましても・・・。

 2.あたり前すぎてわからない
  「俺さ、大発見したんだ。夏は五行説では『火性』。だってあついもの」
  残念ながら、この大発見者の名前は記録には残らないと思います。あまり
  に単純すぎて、「誰でも思いついてしまうこと」だから。この「俺」以外
  にも山ほど同じことを考えついた俺や私や拙者がいたことでしょう。その
  中の誰が最初に発明したかなんて、探すだけ無駄です。

 3.判らないようにしているから
  意地悪な私は、結構これを疑っています。
  暦注って、段々と増える傾向があります。増えすぎて収拾が付かなくなる
  ので、渋川春海など、貞享暦を作ったときに整理したほど。
  なぜ増えるのかというと、増やすのは簡単だからということと、独自性を
  持たせたいと思うからでしょう。

  増やすのは簡単というのは、既に書いてきたように暦注はいわば勝手な思
  い込みでいくらでも作れるから。まあ、ある程度人を納得させるようなも
  っともらしい理由が思いつけば。

  独自性を持たせたいという点で思い浮かぶのは、一時期流行った「13星座
  占い」みたいなもの。誕生日の星座占いは一般に黄道十二獣帯と呼ばれる
  黄道に沿って並んだ12の星座を使いますが、この方式があまりに一般的な
  ため「誰が占っても同じ結果」になってしまう。となると、占いをする人
  は困る。13星座占い。

  黄道上には12星座以外にも「へびつかいい座」の一部が入っている。みん
  なはそれを見落として、12星座で占っているが、この星座も入れるべきだ
  ろう・・・とどこかの誰かが言い出したわけです。私からすれば、どうぞ
  御勝手にですが、一時期はそれでも注目されたわけで、他と違うことをす
  れば、差別化できて自分だけのお客様を獲得できるかもと、占いをする人
  も考えるのでしょう。

  度々出てくる陰陽五行説は大昔の考えですから、その理論といってもかな
  り大雑把。その組み合わせの意味なんて、こじつけようと思えばいくらで
  もこじつけられます。ならば、今まではなかった新しい私だけの暦注を作
  ってくって、占っちゃおうかな?

  でも、これなら「発明者」の名前が残りそうですが、発明者があからさま
  だとまずいことがあります。もし私が占い師で、相談に見えられた善良な
  日刊☆こよみのページ読者に、

   「今日は『可和宇総日』、私が発明した大変めでたい日です」

  といっても誰もこの日がめでたい日だとは思ってくれない出しょうけれど

   「今日は八百年前に川獺大聖人によって書かれた日観経という経典によ
    れば『可和宇総日』という大吉日にあたるのです」

  なんていえば、信じちゃう人がいるのでは?
  このときの話で、経典は古ければ古いほどよい。経典が実在してもしなく
  ても、ほとんど誰も調べないから問題無い(架空のものなら調べようもな
  い)。自分自身が書いたといったら信用されなくとも、「川獺大聖人」な
  んて偉そうな名前の人を持ち出すと、何となくありがたいものだと思って
  しまう。人間、肩書きや権威に弱いですから。

  こんなわけで、どこからの誰かが新しい暦注を「発明」したとしても発明
  者の名前は隠すのが得策。どうしても書きたいときは、忘れられていたか
  つての聖人の書を再発見したのは自分と書くくらいかな?
  どちらにしろ、実利的にも暦注発明者の名前は残らないと思います。

 3番目が長すぎましたが、以上のような3つの理由から暦注の発明者の名前を
 知ることは不可能と言ってよいでしょう。

 「暦注は発見か発明か」という話はいつか書いてみたかったので、本日は読
 者の方からの質問に答えることと関連するということで書いてみました。
 質問をくださった Oさんへは「答えられません」という答えになってしまい
 ましたが、鍛えられない理由については、おわかりいただけたでしょうか?

 なお、本日の話はタイトルに「私見」と書いたとおり、縦横無尽に私見が入
 っております。その点をご理解いただき、お楽しみいただけましたら幸いで
 す。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇YTさんからのメール
 こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

 今日の「コトノハ・言の葉」は蟷螂の斧という話題でした。
 偶然ですが、きょう午前中に2階の窓まで伸びたモッコウバラの葉の裏に小
 さな小さなかまきりがいました。写真を送ってみます。
 うまく送れるといいんですが・・・
  (後略)

→YTさん、写真、無事に届きました。
 生後1〜2ヶ月後くらいの時のカマキリの姿を思い出しました。
 家のカマキリもよく、葉っぱの裏にぶら下がっていました(と、写真後ごら
 んになれない皆さんごめんなさい。

 YTさんからいただいた写真
カマキリ YTさんから
 昔、我が家にいたカマキリの例では、最初はすごい数だったカマキリの赤ち  ゃんたちが、写真の大きさになる頃には数匹にまで減っていました。そして  夏の盛りの頃、一人前のカマキリになっている頃は、たった一匹に。  ほぼ、カマキリの一生の期間を間近で垣間見ることが出来たことで、それま  であまりなじみのなかったカマキリという生き物に親近感をおぼえるように  なりました。  よく見ていると、結構かわいらしい生き物です。  もちろん、他のムシを補食して食べているところなどは、ちょっと残酷な感  じにも思えることもありましたが、それが自然の姿ですからね。食べる方も  食べられる方も、一所懸命に生きている姿は、やはり愛らしいです。表現は  おかしいかもしれませんが。  YTさんの写した写真のカマキリにも、元気に育って欲しいですね。  (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。) ■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで) ◇6/5号、メールタイトル  > 日刊☆こよみのページ 【2020/06/04号】 (No.4997)  →日刊☆こよみのページ 【2020/06/05号】 (No.4997) ◇6/5号、各地の日出没  ※本日お詫びのとおり。6/4号掲載のデータが載ってしまいました。 ◇webこよみのページ・季節のページ6月号  > 【夏越の払え】  →【夏越の祓え】  > 父の日 【6/19】  →父の日 【6/21】 ⇒かわうそ@自爆隊員、下田隊員、YT隊員からの報告でした。  下田隊員からは日月出没データの誤りの指摘がありました。ご指摘の通りで  6/4〜6/5分のデータ(本当は6/5〜6/6分であるべき)を間違えて挿入してし  まいました。  YT隊員からはweb こよみのページの、季節のページについてということで、  別動隅掘り隊報告という感じ。ありがとうございました。  隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。 ■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)  6/6という日付で、頭に浮かんだことがあります。  それは、獣の数字・・・あ、違った、あれは666ね。  私の頭に浮かんだのは、  棒が一本あったとさ 葉っぱかな 葉っぱじゃないよ 蛙だよ  蛙じゃないよ アヒルだよ  6月6日に雨 ざあざあ降ってきて 三角定規に ひびいって  あんパン二つ 豆三つ コッペぱんふたつ くださいな  あっというまに かわいいコックさん  という絵描き歌です。  小さな時にはよく歌って、この絵描き歌に従って絵を描いたなと思い出した  のです。そしておそらく50年ぶりくらいにかいてみたのですが・・・  出来上がったものは「かわいいいコックさん」じゃなくて、不気味なコック  さんでした。  不気味なコックさんは、「こよみのページ」ツイッターまで。  http://twitter.com/k_koyomi/ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp  バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/ ★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、    http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★ ☆発行者について  かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。  プロフィール ⇒ http://koyomi8.com/msuzuki.htm ★Web こよみのページもよろしく!  http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ ) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/06/05
20/06/04
20/06/03
20/06/02
20/06/01
20/05/31
20/05/30
20/05/29
20/05/28
20/05/27
20/05/26
20/05/25
20/05/24
20/05/23

古い記事