殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2017/07/28 17:58)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2017/07/07 号 (No.3933)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 七夕の食べ物
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 29年  7月  7日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2017年  7月  7日  [月の] 第2週 第1金曜  [年の] 188日目 残り 178日
旧暦 閏 5月(小) 14日 (赤口)
ユリウス通日 2457941.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 小暑 (7/7 〜 7/22)
 七十二候  温風至る (7/7 〜 7/11)

■祝日・節入日・候入日・雑節等
 小暑     二十四節気の一つ 旧暦六月節気
 温風至る 七十二候の一つ(31候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(7/7)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  乙未 [きのとのひつじ]
 十二直  建   [たつ] 中吉.柱立,事業開始,婚礼吉.屋敷内土動凶
 二十八宿 亢   [こう] 結納,婚礼,種まき,縫製吉.造作は凶
 二十七宿 尾   [び] 婚礼,開店,移転,造作吉.衣類裁断は凶
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  小暑     
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日

◆明日(7/8)のデータ
 六曜   先勝 [せんがち] 朝〜昼は障りなし.昼過ぎ〜夕は悪い
 日干支  丙申 [ひのえさる]
 十二直  除   [のぞく] 小吉.種まき,医療吉.婚礼,土動かし凶
 二十八宿 氏   (※氏+一)[てい] 婚礼,移転,種まき吉.造作,着初め凶
 二十七宿 箕   [き] 造作大吉.財産の収蔵吉.婚礼大凶.葬式は凶
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(07/7) の誕生花
 ビヨウヤナギ(美容柳) 気高さ
 スイレン(睡蓮)     清純な心・信仰
 ホオズキ(酸漿)     自然美

◆明日(07/8) の誕生花
 グラジオラス         用心
 ホオズキ(酸漿)     自然美
 トルコキキョウ       良い語らい,変らぬ美

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇七夕(七夕の節供)
   7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いて
  おく行事があった。
  棚に機で織った衣服を備えることから「棚機(たなばた)」と呼ばれる。
  後に中国から伝わった織女・牽牛の伝説がこの行事に結びつき、星祭の様
  相を帯びるようになった。

 ◇日華事変勃発記念日
  1937年(昭和12年)のこの日、北京近郊の蘆溝橋で日本軍と中国軍が衝突
  「日華事変」が勃発した。

 ◇川の日
  建設省(現在の国土交通省)が近代河川制度 100周年にあたる1996年(平
  成8年)に制定。七夕伝説の「天の川」のイメージがあり、 7月は「河川
  愛護月間」であることから。

 ◇カルピスの日
  1919年(大正8年)、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを
  発売したことによる。開発者は三島海雲。

 ◇世界遺産の日(和歌山県)
  和歌山県の「世界遺産条例」(2005/3制定)で定められた記念日。
  2004年のこの日に「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界文化遺産に登録さ
  れたことを記念したもの。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 7/ 7)
  日出  4時 2分( 57度) 日没 19時17分(302度) 昼 時間 15時間15分
  月出 17時29分(116度) 月没  2時32分(244度) 正午月齢 13.0
 ・札幌 ( 7/ 8)
  日出  4時 3分( 57度) 日没 19時16分(302度) 昼 時間 15時間14分
  月出 18時20分(117度) 月没  3時14分(242度) 正午月齢 14.0
 
 ◆仙台 ( 7/ 7)
  日出  4時19分( 59度) 日没 19時 3分(300度) 昼 時間 14時間44分
  月出 17時18分(114度) 月没  2時45分(246度) 正午月齢 13.0
 ・仙台 ( 7/ 8)
  日出  4時20分( 60度) 日没 19時 2分(299度) 昼 時間 14時間43分
  月出 18時 9分(115度) 月没  3時29分(244度) 正午月齢 14.0
 
 ◆東京 ( 7/ 7)
  日出  4時31分( 61度) 日没 19時 0分(298度) 昼 時間 14時間29分
  月出 17時18分(113度) 月没  2時56分(247度) 正午月齢 13.0
 ・東京 ( 7/ 8)
  日出  4時32分( 61度) 日没 19時 0分(298度) 昼 時間 14時間28分
  月出 18時 7分(114度) 月没  3時40分(245度) 正午月齢 14.0
 
 ◆大阪 ( 7/ 7)
  日出  4時51分( 61度) 日没 19時14分(298度) 昼 時間 14時間23分
  月出 17時32分(113度) 月没  3時15分(247度) 正午月齢 13.0
 ・大阪 ( 7/ 8)
  日出  4時51分( 61度) 日没 19時14分(298度) 昼 時間 14時間23分
  月出 18時22分(114度) 月没  4時 0分(246度) 正午月齢 14.0
 
 ◆岡山 ( 7/ 7)
  日出  4時58分( 61度) 日没 19時21分(298度) 昼 時間 14時間23分
  月出 17時39分(113度) 月没  3時22分(247度) 正午月齢 13.0
 ・岡山 ( 7/ 8)
  日出  4時58分( 61度) 日没 19時20分(298度) 昼 時間 14時間22分
  月出 18時29分(114度) 月没  4時 6分(246度) 正午月齢 14.0
 
 ◆福岡 ( 7/ 7)
  日出  5時14分( 61度) 日没 19時32分(298度) 昼 時間 14時間18分
  月出 17時52分(113度) 月没  3時39分(247度) 正午月齢 13.0
 ・福岡 ( 7/ 8)
  日出  5時15分( 62度) 日没 19時32分(297度) 昼 時間 14時間17分
  月出 18時41分(113度) 月没  4時23分(246度) 正午月齢 14.0
 
 ◆那覇 ( 7/ 7)
  日出  5時42分( 64度) 日没 19時26分(295度) 昼 時間 13時間43分
  月出 17時49分(111度) 月没  4時 4分(249度) 正午月齢 13.0
 ・那覇 ( 7/ 8)
  日出  5時43分( 64度) 日没 19時26分(295度) 昼 時間 13時間43分
  月出 18時38分(111度) 月没  4時49分(248度) 正午月齢 14.0
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□七夕の食べ物
 今日は七夕。
 七夕は「七夕(シチセキ)の節供」。人日、上巳、端午、重陽と並ぶ五節供
 の一つです。
 七夕の節供や五節供に関してはWeb こよみのページの「暦と天文の雑学」の
 中に解説記事がありますのでお読み下さい。

  七夕(七夕の節供・七夕の節句)
   →http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0728.htm
  節句の話・五節句(五節供)とは
   →http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0724.htm

 少し前に、半夏生にまつわる食べ物の話を書いたので今回もその流れ(?)
 にのって食べ物の話です。節供の主な内容については上記のWeb ページをお
 読みください(いい加減な!)

 節供といえば、人日の節供には七草粥、上巳の節供なら菱餅や雛あられ、端
 午の節供なら粽(ちまき)や柏餅といった具合で、その節供にちなんだ食べ
 物がありますが、七夕の節供にちなむ食べ物って何か思い浮かびますか?

 端午の節供の粽(ちまき)のような知名度は無いのですけれど、七夕にも、
 これにちなんだ食べ物があります。それは「素麺(そうめん)」。

◇素麺のルーツは「索餅」
 七夕の日に素麺を食べると書きましたが元は素麺ではなくて「索餅(さくべ
 い)」という食べ物でした。
 索餅は中国からやって来た菓子の一種で、米粉と小麦粉混ぜて練り合わせ、
 細く伸ばして何本もこれを束ねた唐菓子です。菓子といっても甘いものでは
 なかったようです。別名「むぎなわ」とも。

 索餅に関しては延喜式( 927年)にも登場する食べ物ですから、随分と昔か
 ら知られたお菓子だったのでしょうが、現在ではどんなものだったのかその
 正体がわからなくなってしまいました。
 ただその製法や形状から、これが後のうどんや素麺へと進化していったとい
 われています。

◇7/7 と索餅の関係
 さて、七夕の日にたべる素麺のルーツ索餅と七夕の関係ですが、じつはこれ
 が関係ない。
 伝説によれば、その昔中国を治めた高辛(こうしん)氏の子が幼いうちに亡
 くなり、やがて疫病、「瘧(おこり)」の鬼神となって人々に害を為すよう
 になりました。

 困った人々がこの子の命日である 7/7に、この子が生前好んでいたお菓子、
 索餅を供えたところ、瘧が起こらなくなったことから、この日に索餅を供え
 (そして、後で食べる)ると、病気にかからないようになるという呪いとな
 りました。この行事が日本にも伝えられ、七夕の日には索餅をとなったとい
 うのです。織姫も牽牛も全く関係の無い話です。

◇素麺を食べる日となったのは、いつ頃から?
 さて、この七夕の日に素麺(索餅の子孫?)を食べる慣習はいつ頃からあっ
 たのかというと、19世紀初頭ではまだまだ少数派だったようで、こうした慣
 習があったのはごく一部の地域だけという記録が残っています。これが19世
 紀も中頃の江戸の様子を描いた「東都歳時記」(1838刊)では、

  貴賤の別なく二星に供物をし、家々では冷素麺を食べた

 と書かれるようになっています。少数派から多数派への転身はわずか30〜40
 年で為されています。素麺だけにちょっとの時間で勢力が「伸びた」んです
 ね。

 さて、今夜は七夕。
 皆さんは七夕の夜に、素麺を食べることになるのでしょうか?
 今晩の食卓の心配より、

  梅雨の合間の空で織女と牽牛は会えるのかな?

 と心配してあげるのが先ですかね?

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 今日は、二十四節気の小暑の節入り日。
 小暑の頃といえば、そろそろ梅雨明け時期(沖縄や奄美地方ではもう明け
 ていますね)。

 梅雨明けの頃には、大雨が降ることが多く、昔から雨の被害には注意が必要
 な時期とされていましたが、今年は九州地方で、豪雨被害が出ています。
 読者の方の中にも、大雨で難儀なさっているかもしれませんね。

 大雨は困りものですが、さりとて雨が降らないというのも困りもの。
 程よい雨が降ってくれるとよいのですが、天気はそうそう人間の都合に合わ
 せてはくれません。
 大雨被害がこれ以上拡大しないことを祈りつつ、梅雨の明けるのを待つこと
 にいたします。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
17/07/27
17/07/26
17/07/25
17/07/24
17/07/23
17/07/22
17/07/21
17/07/20
17/07/19
17/07/18
17/07/17
17/07/16
17/07/15
17/07/14

古い記事