殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2017/07/28 17:58)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2017/07/12 号 (No.3938)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 日本標準時制定記念日
□隅掘り隊通信

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 29年  7月 12日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2017年  7月 12日  [月の] 第3週 第2水曜  [年の] 193日目 残り 173日
旧暦 閏 5月(小) 19日 (大安)
ユリウス通日 2457946.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 小暑 (7/7 〜 7/22)
 七十二候  蓮始めて開く (7/12 〜 7/16)

■祝日・節入日・候入日・雑節等
 蓮始めて開く     七十二候の一つ(32候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(7/12)のデータ
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  庚子 [かのえね]
 十二直  執   [とる] 小吉.婚礼,種まき,造作吉.金銭収納凶
 二十八宿 箕   [き] 造作大吉.財産の収蔵吉.婚礼大凶.葬式は凶
 二十七宿 危   [き] 壁塗り,出行など吉.衣類の裁断等は凶
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 ◇主な暦注
  初伏     
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  帰忌日   [きこにち] 凶日.旅行からの帰宅は特に凶

◆明日(7/13)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  辛丑 [かのとのうし]
 十二直  破   [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 斗   [と] 土動かし,造作は吉
 二十七宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 ◇主な暦注
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  十死日   [じゅうしにち] 天殺日ともいう.受死日に次ぐ凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(07/12) の誕生花
 トケイソウ(時計草) 聖なる愛
 ゼニアオイ(銭葵)   信念
 ニューギニアインパチェンス おしゃべり

◆明日(07/13) の誕生花
 ペチュニア           心が安らぐ
 ハケイトウ(葉鶏頭) 不老不死
 ホテイアオイ(布袋葵) 揺れる心

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇日本標準時制定記念日
  1886年(明治19年)のこの日、東経135度の標準時を日本の標準時とし、
  1888年(明治21年)の1月1日よりこれを実施するとの勅令が公布された
  ことに由来する(7/12は勅令の署名の日付)。
  これによって兵庫県明石市の正午が全国どこでも正午となった。

 ◇人間ドックの日
  1954(昭和29)年、国立東京第一病院(現在の国立国際医療センター)で
  人間ドックが始められた。6日間で12000円と当時としては高額で、日数
  もかかり勤め人の受診は難しかった。

 ◇ひかわ銅剣の日
  1984年(昭和59年)に島根県斐川町の荒神谷遺跡から弥生時代の銅剣358本
  が発見された。後に、その全てが国宝に指定された。

 ◇パンの日
  パン食普及協議会が1983(昭和58)年3月に制定。 1842(天保13)年4月12日
  に伊豆韮山代官の江川太郎左衛門が軍用携帯食糧として乾パンを焼いた
  のが、日本初のパンと言われています。この日を記念して毎月12日をパ
  ンの日としています。

 ◇ローリング・ストーンズ記念日
  1962(昭和37)年、イギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズが
  ロンドンのクラブに初出演した。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 7/12)
  日出  4時 6分( 58度) 日没 19時14分(301度) 昼 時間 15時間 9分
  月出 21時 3分(107度) 月没  6時49分(249度) 正午月齢 18.0
 ・札幌 ( 7/13)
  日出  4時 6分( 58度) 日没 19時14分(301度) 昼 時間 15時間 7分
  月出 21時35分(102度) 月没  7時51分(254度) 正午月齢 19.0
 
 ◆仙台 ( 7/12)
  日出  4時22分( 60度) 日没 19時 1分(299度) 昼 時間 14時間39分
  月出 20時56分(106度) 月没  7時 0分(251度) 正午月齢 18.0
 ・仙台 ( 7/13)
  日出  4時23分( 60度) 日没 19時 1分(299度) 昼 時間 14時間38分
  月出 21時31分(101度) 月没  7時59分(255度) 正午月齢 19.0
 
 ◆東京 ( 7/12)
  日出  4時34分( 61度) 日没 18時59分(298度) 昼 時間 14時間25分
  月出 20時58分(105度) 月没  7時10分(252度) 正午月齢 18.0
 ・東京 ( 7/13)
  日出  4時35分( 61度) 日没 18時58分(297度) 昼 時間 14時間24分
  月出 21時34分(101度) 月没  8時 8分(256度) 正午月齢 19.0
 
 ◆大阪 ( 7/12)
  日出  4時54分( 62度) 日没 19時13分(297度) 昼 時間 14時間19分
  月出 21時13分(105度) 月没  7時29分(252度) 正午月齢 18.0
 ・大阪 ( 7/13)
  日出  4時54分( 62度) 日没 19時12分(297度) 昼 時間 14時間18分
  月出 21時50分(100度) 月没  8時27分(256度) 正午月齢 19.0
 
 ◆岡山 ( 7/12)
  日出  5時 0分( 62度) 日没 19時19分(297度) 昼 時間 14時間19分
  月出 21時20分(105度) 月没  7時36分(252度) 正午月齢 18.0
 ・岡山 ( 7/13)
  日出  5時 1分( 62度) 日没 19時19分(297度) 昼 時間 14時間18分
  月出 21時56分(100度) 月没  8時33分(256度) 正午月齢 19.0
 
 ◆福岡 ( 7/12)
  日出  5時17分( 62度) 日没 19時31分(297度) 昼 時間 14時間14分
  月出 21時33分(105度) 月没  7時52分(252度) 正午月齢 18.0
 ・福岡 ( 7/13)
  日出  5時18分( 62度) 日没 19時30分(297度) 昼 時間 14時間13分
  月出 22時10分(100度) 月没  8時49分(256度) 正午月齢 19.0
 
 ◆那覇 ( 7/12)
  日出  5時45分( 64度) 日没 19時25分(295度) 昼 時間 13時間40分
  月出 21時35分(103度) 月没  8時14分(254度) 正午月齢 18.0
 ・那覇 ( 7/13)
  日出  5時45分( 65度) 日没 19時25分(294度) 昼 時間 13時間40分
  月出 22時15分( 99度) 月没  9時 9分(257度) 正午月齢 19.0
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■日本標準時制定記念日
 今日は日本標準時制定記念日です。
 記念日データにも

 ◇日本標準時制定記念日
  1886年(明治19年)のこの日、東経 135度を ・・・ (以下省略)

 という記述が見つかるはずです。
 日本標準時制定記念日といわれて、「なるほど」とすぐうなずけない方もい
 ると思います。一体何がどうなるか、この記念日にかけてそれを考えてみる
 ことにします。

◇始まりは「地方真太陽時」
 本当の太陽の位置(中心の位置)が、その地の真南を通過する瞬間を正午と
 する地方真太陽時というものがまずはじめにありました。

 我々の一日の周期は長い間太陽の動きにしたがって考えられてきましたから
 太陽が真南に来るのを見れば「ああ、お昼だな」と思うわけです。
 その場所(地方)で本当の太陽(真太陽)を測って時刻をきめるわけですか
 ら、これを「地方真太陽時」と呼びます。

 まあこれが、私たちが手に入れた最初の時刻だと言えますね。
 (「真太陽」はまた見たままの太陽ということで「視太陽」とも呼ばれます。
 「真太陽時」も「視太陽時」とよばれることもあります。)

◇時計と「地方平均太陽時」
 はじめはこれで何の問題も無かったのですが、人間が「時計」を発明して太
 陽の動きをこの時計で測ってみると、この真太陽による一日の長さが季節変
 化することが判ってきました。

 まあ、違うと言ってもその差は精々 2〜数日分累積して 1分程違ってくるだ
 けのことですが、それでも時計が正確になってくると、毎日チェックして時
 刻あわせをしなければならなくなってしまいます。

 みんなが時計の時刻によって生活するようになると、実際の太陽が真南にく
 る瞬間よりも時計の示す正午の方が社会生活には重要になってきました。
 こうして、地方真太陽時から地方平均太陽時へと使用する時刻がかわって行
 きました。
 日本では明治13年(AD1880年)から、実生活に地方平均太陽時が取り入れら
 れるようになりました。

◇電信と「日本標準時」
 さて、時計の発達で平均太陽時を使うようになりましたが、それでもまだ東
 京は東京、京都は京都、長崎は長崎といった具合に、各地まちまちでした。
 これが「地方標準時」。

 今から考えると何でこんな不便なことをと思いますが、昔はこれで全然問題
 無かったのです。
 考えても見てください。今なら札幌の人と那覇の人が電話で

  「ああ、いまちょうど正午になったから、そろそろお昼にするよ」

 なんてこと会話の中で伝えることが有るでしょう。
 また、「このデータを明日の正午までに必ず送ってください」なんていうこ
 ともよくある話です。

 でもここであたりまえに考えてしまったコンピューターのネットワークや、
 電話といった機器は昔は有りませんでした。
 「今こちらは正午です」と手紙に書いて、札幌の人が那覇の人に速達郵便で
 送ったとしてもこれを受け取った人はこの「正午」から大分遅れて受け取る
 はず(何時間じゃなくて、何日か違いますね)。

 札幌と那覇でそれぞれ「地方平均時」を使ったとすると、この二つの都市の
 間ではそれぞれの時計はおよそ1時間ずれている(那覇の方が遅い)はずな
 のですが、郵便の配達を待ってはおれぬといって自分で運んだとしても、ど
 んなに頑張っても当時は「1時間以内」でこの手紙を届けることなど出来ま
 せんでしたから、「今は正午です」と書いた手紙を「正午」に届けることは
 出来ませんでした。

 このように太陽(本当は地球の自転)より早く情報を伝達する術を持たなか
 った当時においては、それぞれの地方が独立した地方標準時であっても、お
 互いに困ることは有りませんでした。

 これは、現在外国と日本に時差が有っても、その外国と関係しない限りは、
 時差なんて無いのと同じという状況と同じです。
 明治時代初期の日本では、北海道から見た東京とか、東京から見た九州など
 は、全く「外国」みたいなものだったのですね。

 そして現代、地球の裏側で行われているサッカーの試合の生中継を見たり、
 国際電話を掛けたり、はたまた外国の証券市場が開くのを待って取引を開始
 したりといったことをする場合に、「ああ時差があるんだ」と気づくのと同
 じことが、明治の「電信」の普及によって起こります。
 電信が日本の主な都市間を結ぶようになると、

  福岡支社 発信時刻11:45・・・福岡地方標準時
   『札幌支社へ至急。12時までのこの件の処理をお願いします』

  札幌支社 受信時刻12:29・・・札幌地方標準時
   「12時までって、もう過ぎてるけど?」

 なんて云うことが起こりかねなくなりましたので、これではいかんと日本標
 準時というものを制定し、統一を図るようになったのがこの日です。
 そして、標準時の基準としては日本の真ん中に近く、かつ経度の区切りのよ
 い 135度の経度線が標準子午線と決定されました。

 こうして日本標準時が正式運用を開始したのは明治21(AD1888)年1月1日。今
 からおよそ 130年ほど前のことでした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇7/11号、暦のこぼれ話
 > 相性の【わるい】
 →相性の【悪い】

 > 迷信以外の【何者】でもない
 →迷信以外の【何物】でもない

⇒サガ隊員、e-arf 隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
17/07/27
17/07/26
17/07/25
17/07/24
17/07/23
17/07/22
17/07/21
17/07/20
17/07/19
17/07/18
17/07/17
17/07/16
17/07/15
17/07/14

古い記事