殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/06/26 15:25)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2018/12/31 号 (No.4475)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 大祓(おおはらえ)と除夜
□皆様からのお便り紹介
□隅掘り隊通信

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 30年 12月 31日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2018年 12月 31日  [月の] 第6週 第5月曜  [年の] 365日目 残り   1日
旧暦  11月(大) 25日 (大安)
ユリウス通日 2458483.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 冬至 (12/22 〜 2019/1/5)
 七十二候  鹿角おつる (12/27 〜 12/31)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(12/31)のデータ
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  丁酉 [ひのとのとり]
 十二直  納   [おさん] 小吉.物品購入,新築吉.婚礼,見合い凶
 二十八宿 危   [き] 壁塗り,出行など吉.衣類の裁断等は凶
 二十七宿 心   [しん] 神事,仏事,移転,旅行吉.造作大凶
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  復日     [ぶくにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
  大禍日   [たいかにち] 凶日

◆明日(1/1)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  戊戌 [つちのえいぬ]
 十二直  開   [ひらく] 小吉.造作,婚礼吉.葬式などの不浄事凶
 二十八宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 二十七宿 尾   [び] 婚礼,開店,移転,造作吉.衣類裁断は凶
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(12/31) の誕生花
 ユリオプスディージー 明るい愛
 ナンテン(南天)の実 私の愛は増すばかり
 ヒノキ(檜)         不滅

◆明日(1/1) の誕生花
 スノードロップ(待雪草) 希望・慰め
 フクジュソウ(福寿草) 幸せを招く

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇大晦日(大晦)
  1年の終りの日。
  年越し蕎麦を食べる習慣は江戸時代中期から始ったもの。
  元々月末に蕎麦を食べる習慣があり、大晦日のみにその習慣が残ったも
  のである。金箔職人が飛び散った金箔を集めるのに蕎麦粉を使ったこと
  から、年越し蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないと言われる。

 ◇大祓
  大祓は罪と穢れを祓い清める神事で、6月と12月の末日に行われる。

 ◇シンデレラデー
  1年最後日、最もあわただしくて夜の12時までに帰らなければならない
  「シンデレラ」のような日という意味を込めている。夜の時間が気にな
  る日であることから。

 ◇New Year's Eve
  1年の終わりの日は、新しい年が明ける前日でもある。

 ◇寅彦忌,冬彦忌
  物理学者・随筆家の寺田寅彦(吉村冬彦)の1935(昭和10)年の忌日。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 (12/31)
  日出  7時 5分(121度) 日没 16時 9分(238度) 昼 時間  9時間 4分
  月出  0時57分( 96度) 月没 12時32分(260度) 正午月齢 23.8
 ・札幌 ( 1/ 1)
  日出  7時 6分(121度) 日没 16時10分(238度) 昼 時間  9時間 4分
  月出  2時 3分(103度) 月没 13時 2分(254度) 正午月齢 24.8
 
 ◆仙台 (12/31)
  日出  6時52分(119度) 日没 16時26分(240度) 昼 時間  9時間33分
  月出  0時56分( 96度) 月没 12時38分(260度) 正午月齢 23.8
 ・仙台 ( 1/ 1)
  日出  6時52分(119度) 日没 16時26分(240度) 昼 時間  9時間34分
  月出  1時59分(102度) 月没 13時10分(255度) 正午月齢 24.8
 
 ◆東京 (12/31)
  日出  6時50分(118度) 日没 16時38分(241度) 昼 時間  9時間48分
  月出  0時59分( 96度) 月没 12時45分(261度) 正午月齢 23.8
 ・東京 ( 1/ 1)
  日出  6時50分(118度) 日没 16時38分(241度) 昼 時間  9時間48分
  月出  2時 1分(101度) 月没 13時19分(255度) 正午月齢 24.8
 
 ◆大阪 (12/31)
  日出  7時 4分(117度) 日没 16時57分(242度) 昼 時間  9時間53分
  月出  1時16分( 95度) 月没 13時 3分(261度) 正午月齢 23.8
 ・大阪 ( 1/ 1)
  日出  7時 4分(117度) 日没 16時58分(242度) 昼 時間  9時間54分
  月出  2時17分(101度) 月没 13時37分(255度) 正午月齢 24.8
 
 ◆岡山 (12/31)
  日出  7時10分(117度) 日没 17時 4分(242度) 昼 時間  9時間54分
  月出  1時23分( 96度) 月没 13時10分(261度) 正午月齢 23.8
 ・岡山 ( 1/ 1)
  日出  7時11分(117度) 日没 17時 5分(242度) 昼 時間  9時間54分
  月出  2時24分(101度) 月没 13時44分(255度) 正午月齢 24.8
 
 ◆福岡 (12/31)
  日出  7時22分(117度) 日没 17時21分(242度) 昼 時間  9時間59分
  月出  1時37分( 95度) 月没 13時25分(261度) 正午月齢 23.8
 ・福岡 ( 1/ 1)
  日出  7時22分(117度) 日没 17時21分(242度) 昼 時間  9時間59分
  月出  2時38分(101度) 月没 14時 0分(255度) 正午月齢 24.8
 
 ◆那覇 (12/31)
  日出  7時16分(115度) 日没 17時48分(244度) 昼 時間 10時間32分
  月出  1時45分( 95度) 月没 13時41分(261度) 正午月齢 23.8
 ・那覇 ( 1/ 1)
  日出  7時16分(115度) 日没 17時49分(244度) 昼 時間 10時間33分
  月出  2時42分(100度) 月没 14時20分(256度) 正午月齢 24.8
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□大祓(おおはらえ)と除夜
 さて、本年もいよいよ最後の一日、大晦日となりました。
 最近よく耳にする表現を使っちゃうと

  「平成最後の大晦日」

 ということになります。あんまりよく聞く表現なので、耳にタコかもしれま
 せんが。
 それはさておき一年最後のこの日は、一年総まとめのお祓い、大祓の日でも
 あります。

◇大祓と夏越の祓
 大祓はまた、年越の祓(おおはらえ)とも言います。
 大祓は万民の今年一年の穢(けが)れを祓(はら)うという意味で行われる
 行事です。

 この行事にはペアとなるもう一つの行事があります。それは大祓からちょう
 ど半年離れた 6月の末日に行われる「夏越の祓」です。
 一年の折り返し点である 6月の末日と、一年の終わりである12月の末日にそ
 れぞれの期間の穢れを落とすわけです。
 年越の祓と夏越の祓を総称して、「大祓」と言う場合も多いようです。
 大祓を辞書で引くと、

 【大祓】(おお はらえ)
  古来、6月と12月の晦日(つごもり)に、親王以下在京の百官を朱雀門前
  の広場に集めて、万民の罪や穢(けがれ)を祓った神事。
  現在も宮中を初め全国各神社で行われる。
  中臣の祓。みそぎはらえ。おおはらい。夏の季語・冬の季語
   《広辞苑・第六版》

 とあるとおりで元は宮中の行事であったものが、次第に拡がっていったもの
 のようです。
 この説明の「大祓」は既に述べた年越の祓と夏越の祓の総称としての大祓で、
 両者の行事に差をつけていないですが、祓うものの内容は夏越の祓では、そ
 の重点が疫病の害という具体的な害悪であるのに対して、年越の祓の方は、
 もっと抽象的で「あらゆる害悪」に対する祓のようです。

 この辺りは、疫病などが流行りやすい夏場の行事と、一年の総まとめとして
 の年越の祓との差と考えることが出来るかも知れません。

◇除夜
 大晦日にその日一年の穢れを祓うと言えばもう一つ、こうした穢れを祓うた
 めの行事があります。年が改まる夜に撞かれる 108回の除夜の鐘がそれです。
 除夜の鐘の撞かれる回数 108回は、人間の煩悩の数だそうです。

 煩悩の数を 108とするのは人間の感覚器の眼・耳・鼻・舌・身・意の六つ、
 六根(ろっこん)状態、好・平・悪の三つの状態を持ち、更に程度の差から
 から染・浄の二つに分けられ、こうした状態が過去・現在・未来にそれぞれ
 有るので、

  6 × 3 × 2 × 3 = 108

 なのだそうです。また、一年を表す暦の数字、暦月の12、二十四節気の24、
 七十二候の72の総和から、

  12 + 24 + 72 = 108

 ともいわれます。
 いずれにせよ一年の間に蓄積したこの 108の煩悩を年の最後に取り払い、旧
 い一年の罪障を取り除くから「除夜」なのだそうです。
 ちなみに、除夜の鐘の 108回は、年内に 107回を撞き、最後の 1回を年が改
 まってから撞くのだそうです。

 今日行われる大祓、除夜の行事のいずれもが、旧年中のあらゆる罪障、穢れ
 を祓って新しい一年を清浄な心身で迎えると言う意味がありますから、今日
 は一年分の穢れを祓い落とす大切な日ということになります。
 さあ、自分の身の回りを見回して、今年一年の罪障、穢れが残っていないか
 再点検しましょう。そして穢れが残っていればこれを祓って、よい年を迎え
 ましょう。

 それでは、平成最後の年、平成31年の元日にお会い致しましょう!

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇いたち隊員から(12/29のメール)
 久々のいたち隊員です。

 今日の餅つきの話。
 私が小さいころは,祖父母に家に行って餅つきをしていました。
 ただし,「九(=苦)が着く」ということで29日の餅つきは避けていま
 した。30日についていた気がします。
 そのせいか,いまでも,29日には正月準備のものは買わないようにして
 います。
 また,一夜飾りは避ける,お金の使い始めは2日など,その他まだまだ昔
 の風習(?)が残っている我が家の文化です。

 元日を閉店にして開店を2日にする店があるようで,お正月の様子もまた
 少し昔に戻る傾向にあるのでしょうか。

→いたち隊員は昨日もメールを送ってくださっていたのですが、今回は29日に
 いただいていたメールを取り上げさせていただきました。

 いたち隊員がお書きのように、29日と31日には正月準備をしないという慣習
 は全国に広く残っているようです。確かに昨今は、そんな話聞いたことあり
 ませんという方も増えていると思いますが。

  「九(苦)が着く」とか「一夜飾り」

 の話は、「そんな俗信みたいなもの」と笑われそうですが、年中行事の多く
 は、多かれ少なかれそうした俗信の要素も混ざって出来上がってきたもので
 すから、俗信は俗信として大らかに受け入れるというのは良いことのように
 思えます。

 もちろん、時代が変わって、私たちの生活様式も大きく変わってきています
 から受け入れるのが難しくなってしまったものもありますし、中には明らか
 に間違った考え(今から考えれば)に発したもの、単なる俗信ではなく迷信
 というべきもの、もありますから、そうしたものは改めながらということで
 すが。

 元日休業という店が増えそうだというのはニュースでも取り上げられていま
 すね。確かに、元日も開いていたら便利ではありますが、一日くらい休まれ
 ても、そんなに困るという程でもありません。いいんじゃないですかね、元
 日休業。

  あ、店が閉まってる。
  そうか、今日は元日だものね〜

 それも、いつもと違う正月らしさかも。
 まあ、元日休業を選択する論理の一つには、元日に営業してもそれほど売り
 上げが上がらないし、その割には経費が掛かるという現実的な理由もあるよ
 うです。みんなが休業しているときに営業すると売り上げは上がったでしょ
 うが、みんなが元日営業してしまったら、確かに元日も「普通の日」になっ
 ちゃいますから、そうなっちゃうんでしょうね。

 一年の初めの日くらい、普段とは違う日だと実感できてもいいんじゃないか
 と思うので、昔に戻って元日休業の店が増てもいいかな?
 みんな休業だと困ることもありますが、普段通りみんな営業中というのもち
 ょっと極端。だんだんと、程よいところに戻ってゆくのじゃないかと思いま
 す。

 ということで、私は明日の元日には、近所の神社に初詣に行くくらいにして
 のんびりと自宅で過ごす予定です。
 ただし、「日刊☆こよみのページ」に関しては、盆も正月もなく通常営業で
 お届けする(ただし「休日モード」で)予定です。

 (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。)
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
⇒年末で皆さん忙しいのか、珍しく隅堀隊報告が届きませんでした。
 まあ、たまにはそういうこともあるか。
 一年間、多くの報告を送ってくださった隅堀隊隊員の皆さん、お疲れさまで
 した。
 来年も、懲りることなく隅堀隊活動、よろしくお願いいたします。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/06/25
19/06/24
19/06/23
19/06/22
19/06/21
19/06/20
19/06/19
19/06/18
19/06/17
19/06/16
19/06/15
19/06/14
19/06/13
19/06/12

古い記事