殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/11/21 08:01)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2019/06/18 号 (No.4644)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 理想の「ひと月」とは?・月切の暦と節切の暦の話

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和 元年  6月 18日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2019年  6月 18日  [月の] 第4週 第3火曜  [年の] 169日目 残り 197日
旧暦   5月(大) 16日 (友引)
ユリウス通日 2458652.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 芒種 (6/6 〜 6/21)
 七十二候  梅の実黄ばむ (6/16 〜 6/21)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(6/18)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  丙戌 [ひのえいぬ]
 十二直  定   [さだん] 小吉.移転,慶事,売買吉.婚礼大吉.造作凶
 二十八宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 二十七宿 斗   [と] 土動かし,造作は吉
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  五墓     [ごむ] 土を動かすこと凶
  月徳日   [つきとくにち] (月とく)とも書く.吉日

◆明日(6/19)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  丁亥 [ひのとのい]
 十二直  執   [とる] 小吉.婚礼,種まき,造作吉.金銭収納凶
 二十八宿 壁   [へき] 大吉.造作,婚礼大吉
 二十七宿 女   [じょ] 髪すきなどを除き凶.葬式は大凶
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  重日     [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
  復日     [ぶくにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(06/18) の誕生花
 スイセンノウ(酔仙翁) 強固・誠実
 アリウム(花葱)       深い悲しみ
 コンボルブルス       絆・緑

◆明日(06/19) の誕生花
 カラー               乙女のしとやかさ
 ノアザミ(野薊)     権利
 ハイドランジア(西洋紫陽花) 辛抱強い愛情

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇海外移住の日
  1908年(明治41年)のこの日、ブラジルへの第1回移民158家族、781人が笠
  戸丸でサントスに上陸したことを記念して1966年(昭和41年)に国際協力
  事業団が制定した。

 ◇考古学出発の日
  1877(明治10)年、大森貝塚を発見・発掘したアメリカの動物学者、E.S.
  モース博士が来日した日。モース博士が汽車で横浜から新橋へ移動途中
  に貝殻が堆積している箇所を発見(6月20日)し、後日発掘調査が行われる
  こととなった。これが日本で初めて行われた考古学の科学的な発掘調査
  であり、日本の考古学の出発点となった。

 ◇観音縁日
  観世音菩薩の縁日(毎月18日)

 ◇ハンセン病を正しく理解する週間
  根強く残るハンセン病に対する誤解や社会的偏見を正し、正しい認識を
  持つための週間。ハンセン病は遺伝する病気ではなく伝染力の極めて弱
  い病原菌による慢性の感染症で、日常生活において感染することは極め
  て少ない。すでに医学の発達により他の感染症と同様に完治する病気で
  ある。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)


■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 6/18)
  日出  3時54分( 56度) 日没 19時17分(303度) 昼 時間 15時間23分
  月出 20時 4分(121度) 月没  4時28分(238度) 正午月齢 14.7
 ・札幌 ( 6/19)
  日出  3時54分( 56度) 日没 19時17分(303度) 昼 時間 15時間23分
  月出 20時54分(121度) 月没  5時19分(238度) 正午月齢 15.7
 
 ◆仙台 ( 6/18)
  日出  4時12分( 58度) 日没 19時 2分(301度) 昼 時間 14時間51分
  月出 19時50分(119度) 月没  4時45分(241度) 正午月齢 14.7
 ・仙台 ( 6/19)
  日出  4時12分( 58度) 日没 19時 3分(301度) 昼 時間 14時間51分
  月出 20時41分(118度) 月没  5時36分(240度) 正午月齢 15.7
 
 ◆東京 ( 6/18)
  日出  4時24分( 60度) 日没 19時 0分(300度) 昼 時間 14時間35分
  月出 19時48分(118度) 月没  4時57分(242度) 正午月齢 14.7
 ・東京 ( 6/19)
  日出  4時25分( 59度) 日没 19時 0分(300度) 昼 時間 14時間35分
  月出 20時38分(117度) 月没  5時49分(241度) 正午月齢 15.7
 
 ◆大阪 ( 6/18)
  日出  4時44分( 60度) 日没 19時13分(299度) 昼 時間 14時間29分
  月出 20時 3分(117度) 月没  5時18分(242度) 正午月齢 14.7
 ・大阪 ( 6/19)
  日出  4時44分( 60度) 日没 19時14分(299度) 昼 時間 14時間29分
  月出 20時53分(117度) 月没  6時 9分(242度) 正午月齢 15.7
 
 ◆岡山 ( 6/18)
  日出  4時51分( 60度) 日没 19時20分(299度) 昼 時間 14時間29分
  月出 20時 9分(117度) 月没  5時25分(242度) 正午月齢 14.7
 ・岡山 ( 6/19)
  日出  4時51分( 60度) 日没 19時20分(299度) 昼 時間 14時間29分
  月出 21時 0分(117度) 月没  6時16分(242度) 正午月齢 15.7
 
 ◆福岡 ( 6/18)
  日出  5時 8分( 60度) 日没 19時31分(299度) 昼 時間 14時間23分
  月出 20時21分(117度) 月没  5時42分(243度) 正午月齢 14.7
 ・福岡 ( 6/19)
  日出  5時 8分( 60度) 日没 19時31分(299度) 昼 時間 14時間23分
  月出 21時12分(116度) 月没  6時33分(242度) 正午月齢 15.7
 
 ◆那覇 ( 6/18)
  日出  5時37分( 63度) 日没 19時24分(296度) 昼 時間 13時間47分
  月出 20時15分(115度) 月没  6時10分(245度) 正午月齢 14.7
 ・那覇 ( 6/19)
  日出  5時37分( 63度) 日没 19時24分(296度) 昼 時間 13時間48分
  月出 21時 6分(114度) 月没  7時 2分(244度) 正午月齢 15.7
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□理想の「ひと月」とは?・月切の暦と節切の暦の話
 本日もよくあるパターンで、

  節切の暦って何ですか?

 という御質問をいただいたので、早速使わせて頂きました。
 (皆さん、いつもありがとう)

◇一年と一月
 月の満ち欠けや太陽の動きは暦を作る上で貴重な指標でした。
 太陽がある星座から移動し、再び同じ星座に戻る周期は 1年で、その 1年の
 間に月は12回の満ち欠けを繰り返しながら同じく星座の間を行き来する。

 星座の星々を時計の文字盤だとすれば太陽は時計の短針、月は長針のように
 その文字盤の上を動きいて、時を刻んでいるかのようです。

 短針である太陽が 1回りする間に長針である月は太陽と12回の会合を繰り返
 しながら(満ち欠けを繰り返しながら)この文字盤の上を動いています。
 私たちの「 1年は12ヶ月」という常識はこうして生まれたと考えられます。

 しかし、一見時計の短針と長針のような関係にあると思われたこの太陽と月
 の関係は、実は近似的な関係でしかありませんでした。それもかなり雑な近
 似値でしかないことは数年間、この関係を観察していれば解ります。

 月の満ち欠けで暦の 1月を決め、太陽の動きで 1年の長さを決めていた(冬
 至から次の冬至までの間といった形で)太陰太陽暦では、仕方なく時々この
 長針と短針の関係のずれを修正するために閏月という臨時の月を挿入した 1
 年13ヶ月の年をつくって調整することになりました。
 「時々」と書きましたが、この「時々」は大体 3年に 1度の割合ですから、
 時々とは言い難いくらい頻繁ですね。

◇理想の「ひと月」を求めて?
 一見便利な天然の時計の短針と長針と思われた太陽と月の関係ですが、どう
 も当初思ったほど便利ではないことがわかってきました。
 閏月を約 3年に 1度挿入することで近似的には折り合いをつけられるのです
 が、 1年が12ヶ月だったり13ヶ月だったりするのはやはり不便。

 太陽の動きを月の動きで正確に表すのが難しいことがわかってくると、それ
 ならいっそのこと月の満ち欠けに頼って考えてきた暦の「ひと月」を、太陽
 の動きそのもので表してしまえばいい。そうして生まれたのが「節切(せつ
 ぎり)の月」いう「ひと月」でした。

 暦の日付と季節の関係がある程度以上ずれないように、太陽の動きかから作
 られた二十四節気の「節気」によって区切られた期間を「ひと月」にしてし
 まおうというのがこの「節切の月」です。

 ご存知のように二十四節気には季節の区切りに使われる「節」と暦月の名前
 を決定する「中」と呼ばれるものが交互に登場します。
 立春は節で、その後に続く雨水は中。そしてまたその後の啓蟄は節という具
 合です。

 日本で使われた二十四節気は、現在の二十四節気と最後の太陰太陽暦となっ
 た天保暦以外は、冬至から冬至までの間隔(日数)を24等分する方法で決め
 られていました。この二十四節気の一つ置きに登場する「節〜節」の間を一
 月と数えるなら、 1年はどの年も間違いなく12ヶ月になります。 1年の長さ
 を基準に作ったのですからあたりまえといえばあたりまえですが。

 こうして節切の月で月数を数える暦は「節切の暦」と呼ばれました。
 この節切の暦は季節の巡り表すのに便利であることから、太陰太陽暦を補う
 もう一つの暦として農業等の目安として使われました。

◇占いと節切、月切
 この節切の暦は閏月というやっかいな例外を含まないという規則性が、占い
 の世界でも高く(?)評価されたのか、多くの暦注の計算にも使われるよう
 になりました。ちなみに、節切の月ではなく月の満ち欠けによって決まる月
 を使う暦は節切の暦に対して「月切の暦」と呼ばれることがあります。

 現在、よく使われる暦注の類(このメールマガジンの今日の暦に登場するよ
 うな)を見ると、

 節切: 十二直、三隣亡、一粒万倍日、受死日、帰忌日、血忌日等
 月切: 二十七宿、不成就日、六曜等

 のように節切の暦を使うものと月切の暦によるものがありますが、どうやら
 占いの世界では節切の暦が優勢のようです。

 節切の暦の「ひと月」は、月の満ち欠けのような一目でわかる指標となる現
 象の無い「ひと月」。季節を正確に表すという実用性のために生み出された
 人工的な「ひと月」ということが出来るでしょう。

 本来は実用的目的のために生み出された「人工的な理想のひと月」であった
 節切の月ですが、占いにとっても閏月という例外を含まない点で「理想のひ
 と月」であったようです。

 節切の暦は原理から考えて明らかに太陽暦の一種ですから同じく太陽暦の一
 種であるグレゴリオ暦を使う現代では、その実用面での利用価値はほぼ失わ
 れてしまい、今では占いにとっての理想のひと月を提供する暦として細々と
 生き残る結果となってしまいました。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/11/20
19/11/19
19/11/18
19/11/17
19/11/16
19/11/15
19/11/14
19/11/13
19/11/12
19/11/11
19/11/10
19/11/09
19/11/08
19/11/07

古い記事