殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2020/06/06 19:31
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2020/03/20 号 (No.4920)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 昼夜等分の日とお彼岸
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和  2年  3月 20日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2020年  3月 20日  [月の] 第3週 第3金曜  [年の]  80日目 残り 287日
旧暦   2月(小) 26日 (先負)
ユリウス通日 2458928.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 春分 (3/20 〜 4/3)
 七十二候  雀始めて巣くう (3/20 〜 3/24)

■祝日・節入日・候入日・雑節等
 春分の日         祝日・休日
 彼岸             雑節
 春分             二十四節気の一つ 旧暦二月中気
 雀始めて巣くう   七十二候の一つ(10候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(3/20)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  壬戌 [みずのえいぬ]
 十二直  危   [あやぶ] 大凶.酒造りだけは吉.他は全て凶
 二十八宿 牛   [ぎゅう] 吉祥.鬼宿に次ぐ大吉日.正午以外大吉
 二十七宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 日家九星 二黒土星 [じこくどせい]

 ◇主な暦注
  春分     
  不成就日 [ふじょうじゅにち] 凶日.ことに事業開始等大凶
  八専間日 [はっせんまび] 八専期間中の例外日.この日は障り無し

◆明日(3/21)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  癸亥 [みずのとのい]
 十二直  成   [なる] 小吉.婚礼,開店,造作,移転吉.交渉事凶
 二十八宿 女   [じょ] 髪すきなどを除き凶.葬式は大凶
 二十七宿 壁   [へき] 大吉.造作,婚礼大吉
 日家九星 三碧木星 [さんぺきもくせい]

 ◇主な暦注
  八専の終わり 
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  重日     [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(03/20) の誕生花
 ラナンキュラス       晴れやかな魅力
 ミツマタ(三椏)      意外なこと
 コデマリ(小手毬)   優雅・品格

◆明日(03/21) の誕生花
 マダガスカルジャスミン 清らかな祈り
 カルミア             大志を抱く
 バイモユリ(貝母百合) 努力

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇LPレコードの日
  1951(昭和26)年、日本コロムビアからLPレコードが「長時間レコード」
  の名前で発売されました。

 ◇東京国立博物館開館記念日
  1882年(明治15年)の今日、東京・上野寛永寺跡に国立中央博物館とし
  て開館。日本の博物館の始まりとなる。

 ◇電卓の日
  日本事務機械工業会が1974(昭和49)年に、日本の電卓生産数が世界一に
  なったことを記念して制定。制定当時は記念イベントを開催していまし
  たが、現在では何も行われていません。

 ◇太陽の日
  ソーラーシステム振興協会が制定。昼夜の時間がほぼ等しいとして、春
  分の日が選ばれた。

 ◇上野動物園開園記念日
  1882年(明治15年)の今日、東京・上野に日本初の動物園として、上野
  動物園が開園した。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 3/20)
  日出  5時38分( 89度) 日没 17時47分(270度) 昼 時間 12時間10分
  月出  3時57分(119度) 月没 13時31分(242度) 正午月齢 25.5
 ・札幌 ( 3/21)
  日出  5時36分( 88度) 日没 17時48分(271度) 昼 時間 12時間13分
  月出  4時31分(115度) 月没 14時33分(247度) 正午月齢 26.5
 
 ◆仙台 ( 3/20)
  日出  5時39分( 89度) 日没 17時48分(270度) 昼 時間 12時間 9分
  月出  3時45分(117度) 月没 13時46分(244度) 正午月齢 25.5
 ・仙台 ( 3/21)
  日出  5時38分( 88度) 日没 17時49分(271度) 昼 時間 12時間11分
  月出  4時21分(113度) 月没 14時45分(248度) 正午月齢 26.5
 
 ◆東京 ( 3/20)
  日出  5時45分( 89度) 日没 17時53分(270度) 昼 時間 12時間 9分
  月出  3時43分(116度) 月没 13時58分(245度) 正午月齢 25.5
 ・東京 ( 3/21)
  日出  5時43分( 89度) 日没 17時54分(271度) 昼 時間 12時間11分
  月出  4時21分(112度) 月没 14時55分(249度) 正午月齢 26.5
 
 ◆大阪 ( 3/20)
  日出  6時 1分( 89度) 日没 18時10分(270度) 昼 時間 12時間 9分
  月出  3時58分(115度) 月没 14時18分(245度) 正午月齢 25.5
 ・大阪 ( 3/21)
  日出  6時 0分( 89度) 日没 18時11分(271度) 昼 時間 12時間11分
  月出  4時36分(112度) 月没 15時15分(249度) 正午月齢 26.5
 
 ◆岡山 ( 3/20)
  日出  6時 8分( 89度) 日没 18時16分(270度) 昼 時間 12時間 8分
  月出  4時 4分(115度) 月没 14時25分(245度) 正午月齢 25.5
 ・岡山 ( 3/21)
  日出  6時 6分( 89度) 日没 18時17分(271度) 昼 時間 12時間11分
  月出  4時42分(111度) 月没 15時22分(249度) 正午月齢 26.5
 
 ◆福岡 ( 3/20)
  日出  6時22分( 89度) 日没 18時30分(270度) 昼 時間 12時間 8分
  月出  4時16分(115度) 月没 14時41分(246度) 正午月齢 25.5
 ・福岡 ( 3/21)
  日出  6時21分( 89度) 日没 18時31分(271度) 昼 時間 12時間11分
  月出  4時55分(111度) 月没 15時38分(250度) 正午月齢 26.5
 
 ◆那覇 ( 3/20)
  日出  6時33分( 89度) 日没 18時41分(270度) 昼 時間 12時間 8分
  月出  4時12分(113度) 月没 15時 8分(248度) 正午月齢 25.5
 ・那覇 ( 3/21)
  日出  6時32分( 89度) 日没 18時41分(270度) 昼 時間 12時間 9分
  月出  4時53分(110度) 月没 16時 2分(251度) 正午月齢 26.5
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□昼夜等分の日とお彼岸
 今年のお彼岸の期間は、3/17〜23。その真ん中の日が、彼岸の中日で春分の
 日で、本日がその日です。

 さて、この彼岸の中日である春分の日は、「昼夜等分の日」ともいわれるこ
 とがあります。仏教の中道の精神の象徴として昼夜の長さが同じとなる日を
 彼岸の真ん中に据えたわけです。

◇春分の日と昼夜等分の日
 まあ、ここまでの話はよく聞く話です。では春分の日は本当に昼夜等分の日
 かというとそうでもありません。東京付近での日出没の時刻で確かめて見る
 と数日前の3/16が昼夜等分の日になっています。

 3/16の日の出と日の入りの時刻(東京付近)をみると
  3/16
  日出  5時50分 方位 91度
  日没 17時50分 方位269度

 となります。
 東京以外では、数値が多少違ってきますが、日本国内でははぼ3/16の前後あ
 たりに、このような「昼夜等分」の日を迎えるはずです。ちょっと春分の日
 とは違ってしまっていますね。
 現在の日出、日没の定義からすると、春分の日が昼夜等分の日にならないの
 はしかたのない事なのです。

◇日出、日没の瞬間
 現在の日出の定義は、太陽の上の縁(上辺)が地平線に接する瞬間とされて
 います。日没はどうかというと、同じく太陽の上辺が地平線に接する瞬間で
 す。太陽の見た目は星のような「点」ではなく、半径をもった円盤状に見え
 ますから、この定義からすると他の星のような「点」に見える天体の出没に
 比べると、

  出るのは、「半径分早く」
  沈むのは、「半径分遅く」

 なる事になります。昼と夜の長さという点からすると、これは昼に有利な裁
 定ではないですか! ちょっと夜が可愛そうですね(日本人の判官贔屓)。

 また、夜に不利な条件はこれだけではなく、地球に空気があったり、日の出
 や日の入りを眺める人に身長があったりすることも不利な条件となります。
 ここでは詳しく触れませんが、地球に空気がある事による大気差と呼ばれる
 現象と、眺める人の目の高さによる眼高差と呼ばれる条件を計算に入れると
 昼は長めに、夜は短めにという傾向に拍車がかかります。

 現在の日出、日没の定義はこうした夜の長さから見ると不利な条件が幾つも
 あるため、こうしたことを考慮しなければ春分の日になるはずの昼夜等分の
 日が、春分の日より数日前に移動してしまうのです。

 ちなみに今は春の話でしたが、秋の秋分の日の話とすると、昼夜等分の日は
 秋分の日の数日後となります。

◇彼岸の中日が昼夜等分の日というのは嘘か?
 さて、計算上は彼岸の中日である春分の日(秋分の日も)は昼夜等分の日と
 は言えないことがわかりましたが、では彼岸の中日が昼夜等分の日というの
 は嘘かといえば、そうとも言い切れません。

 計算上、昼夜等分にならない理由を考えてみれば判るとおり、これは現在の
 私たちが日出没の瞬間を計算するために作った定義のためだからです。

 計算のために作った定義と、宗教上の観念的な定義が一致しないからと言っ
 て、どちらかが間違いと言うわけではないのですから。
 まあ、ここはそれぞれの考え方の違いだからしかたがないと「大人の対応」
 をしようじゃありませんか。

 ちなみに、日出没の基準は太陽中心で、地球に大気がなくて、もちろん地球
 には山みたいな凸凹もなくて、観測者は地面に這いつくばって日出没を観測
 して、おまけに地球に大きさがないと考えると、昼夜等分の日は春分の日に
 なります。

◇大人げない宝暦暦?
 「大人の対応」を呼びかけたところで思い出すのは大人げない宝暦暦と寛政
 暦。何が大人げないのかというと、人間が勝手に決める日出没の定義の違い
 によって起こる、いわば人為的な差をさも重大な事のように扱って彼岸の日
 付を変えているのです。

 改暦というと、明治の太陰太陽暦から太陽暦への大改暦だけが注目されるの
 ですが、それ以前にも日本では何度か改暦が為されています。江戸時代だけ
 でも貞享暦、宝暦暦、寛政暦、天保暦と 4つの暦が作られ、作られるたびに
 改暦が為されたわけです。

 さて本題に戻りましょう。宝暦暦には、

  「彼岸は昼夜等分にして、天地の気ひとしき時なり。
   前暦の注する所、これに違えり」

 と書いてあって、これによって彼岸の日付を変更しました。
 平たくいうと、

  彼岸は昼夜等分の時だというのに、これまでの暦はそのとおりになってい
  ないじゃないか。

 と言っているわけです。そして、「昼夜等分」となるように彼岸の日付を変
 更したわけです。このため宝暦暦・寛政暦では春の彼岸は春分の日より前に
 秋の彼岸は秋分の日より後ろにずらされています。

 まあ、この大人げない宝暦暦の大人げなさの陰には能力以上の仕事を与えら
 れた可哀想な役人の苦心の結果なので、あまりいじめないでください(これ
 も一つの「大人の対応」です)。

 ただ、可哀想な役人の苦心の作であった、昼夜等分の日と彼岸の中日の一致
 という宝暦暦・寛政暦の彼岸の日付に対する考えは、次の天保暦には引き継
 がれず、宗教的な「昼夜等分」の概念と暦上の「昼夜等分の計算」とは切り
 離されたことだけ述べておくことにします。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 数日前にこのコーナーで書いた、通勤経路で気になる外○省の敷地の隅に咲
 くキイチゴ、前に書いたときには十数本くらいと書いたと思うのですが、書
 いてから気になって、改めて見てみると十数本どころか百本くらい(以上か
 も)ありそうでした。
 これだけあれば、初夏に実るキイチゴの数は・・・

 このあたりには、実のなる(つまり雌株)の公孫樹もあるし、ドングリの中
 では最もおいしいと、何かの図鑑で説明されていたドングリの実るマテバシ
 イの木もあるは。
 探してみると、東京の街中にも

  自然の実り

 が結構あることが分かります。
 今の世の中、一寸先は闇。何が起こるか分かりません。
 どんなことになっても生き延びるためには、まずは食べ物を確保するのが大
 切です。

 万が一に備える第一歩として、これからも自分の周囲に目を配って、いざと
 いうときのための非常食情報を収集していこうと思います。
 目的が出来ると、単なる通勤も楽しいものですね〜(共感してくれる人は少
 ないと思いますけど)。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/06/05
20/06/04
20/06/03
20/06/02
20/06/01
20/05/31
20/05/30
20/05/29
20/05/28
20/05/27
20/05/26
20/05/25
20/05/24
20/05/23

古い記事