殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2020/09/05 号 (No.5089)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 三隣亡の話
□皆様からのお便り紹介
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◇「こよみのページ」のツイッター https://twitter.com/k_koyomi

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和  2年  9月  5日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2020年  9月  5日  [月の] 第1週 第1土曜  [年の] 249日目 残り 118日
旧暦   7月(小) 18日 (赤口)
ユリウス通日 2459097.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 処暑 (8/23 〜 9/6)
 七十二候  禾実る (9/2 〜 9/6)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(9/5)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  辛亥 [かのとのい]
 十二直  平  [たいら] 大吉.祝い事全て吉.特に婚礼は大吉
 二十八宿 女  [じょ] 髪すきなどを除き凶.葬式は大凶
 二十七宿 婁  [ろう] 大吉.婚礼,造作大吉
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  三隣亡 [さんりんぼう] 棟上げ,土起こし等大凶.三輪宝の誤記か?
  大明日 [だいみょうにち] 大吉日
  天恩日 [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日 [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  重日   [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
  地火日 [じかにち] 基礎工事,柱立て,葬送等凶
  滅門日 [めつもんにち] 凶日

◆明日(9/6)のデータ
 六曜   先勝 [せんがち] 朝〜昼は障りなし.昼過ぎ〜夕は悪い
 日干支  壬子 [みずのえね]
 十二直  定  [さだん] 小吉.移転,慶事,売買吉.婚礼大吉.造作凶
 二十八宿 虚  [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 二十七宿 胃  [い] 就職,婚礼,造作吉.衣類裁断大凶
 日家九星 六白金星 [ろっぱくきんせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  不成就日 [ふじょうじゅにち] 凶日.ことに事業開始等大凶
  八専入り 
  天恩日 [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日 [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  月徳日 [つきとくにち] (月とく)とも書く.吉日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(09/5) の誕生花
 ケイトウ(鶏頭) おしゃれ・気取り屋
 ベンケイソウ(弁慶草) 穏やか

◆明日(09/6) の誕生花
 パンパスグラス(白金葭) 風格,歳月
 ユウゼンギク(友禅菊) 老いても元気で

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇国民栄誉賞の日
  1977(昭和52)年、2日前の9月3日に通算ホームラン数の世界最高記録を作
  った王貞治が、日本初の国民栄誉賞を受賞した日。国民栄誉賞とは前人
  未到の偉業を成し遂げ多くの国民から敬愛され、夢と希望を与えた人に
  贈られる賞とされる。

 ◇石炭の日
  1992年(平成4年)に通産省の呼びかけにより、日本鉄鋼連盟・電気事業連
  合会・日本石炭協会などの団体により制定。
  「ク(9)リーンコ(5)ール」の語呂合わせ。

 ◇たまごの日
  毎月5日。日本養鶏協会、日本卵業協会など関係団体が制定。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 9/ 5)
  日出  5時 3分( 79度) 日没 18時 3分(279度) 昼 時間 13時間 0分
  月出 19時41分( 85度) 月没  7時34分(270度) 正午月齢 17.0
 ・札幌 ( 9/ 6)
  日出  5時 4分( 80度) 日没 18時 1分(279度) 昼 時間 12時間57分
  月出 20時 3分( 79度) 月没  8時34分(277度) 正午月齢 18.0
 
 ◆仙台 ( 9/ 5)
  日出  5時 9分( 80度) 日没 18時 0分(279度) 昼 時間 12時間52分
  月出 19時45分( 86度) 月没  7時35分(270度) 正午月齢 17.0
 ・仙台 ( 9/ 6)
  日出  5時 9分( 81度) 日没 17時59分(278度) 昼 時間 12時間49分
  月出 20時10分( 79度) 月没  8時32分(277度) 正午月齢 18.0
 
 ◆東京 ( 9/ 5)
  日出  5時16分( 80度) 日没 18時 3分(278度) 昼 時間 12時間47分
  月出 19時51分( 86度) 月没  7時40分(270度) 正午月齢 17.0
 ・東京 ( 9/ 6)
  日出  5時16分( 81度) 日没 18時 2分(278度) 昼 時間 12時間45分
  月出 20時17分( 80度) 月没  8時35分(276度) 正午月齢 18.0
 
 ◆大阪 ( 9/ 5)
  日出  5時33分( 81度) 日没 18時19分(278度) 昼 時間 12時間46分
  月出 20時 8分( 86度) 月没  7時57分(270度) 正午月齢 17.0
 ・大阪 ( 9/ 6)
  日出  5時34分( 81度) 日没 18時18分(278度) 昼 時間 12時間44分
  月出 20時35分( 80度) 月没  8時52分(276度) 正午月齢 18.0
 
 ◆岡山 ( 9/ 5)
  日出  5時40分( 81度) 日没 18時26分(278度) 昼 時間 12時間46分
  月出 20時15分( 86度) 月没  8時 4分(270度) 正午月齢 17.0
 ・岡山 ( 9/ 6)
  日出  5時41分( 81度) 日没 18時24分(278度) 昼 時間 12時間44分
  月出 20時42分( 80度) 月没  8時59分(276度) 正午月齢 18.0
 
 ◆福岡 ( 9/ 5)
  日出  5時55分( 81度) 日没 18時39分(278度) 昼 時間 12時間44分
  月出 20時29分( 86度) 月没  8時18分(270度) 正午月齢 17.0
 ・福岡 ( 9/ 6)
  日出  5時55分( 81度) 日没 18時37分(278度) 昼 時間 12時間42分
  月出 20時57分( 80度) 月没  9時13分(276度) 正午月齢 18.0
 
 ◆那覇 ( 9/ 5)
  日出  6時11分( 82度) 日没 18時45分(277度) 昼 時間 12時間34分
  月出 20時43分( 86度) 月没  8時29分(270度) 正午月齢 17.0
 ・那覇 ( 9/ 6)
  日出  6時11分( 82度) 日没 18時44分(277度) 昼 時間 12時間33分
  月出 21時14分( 80度) 月没  9時20分(276度) 正午月齢 18.0
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□三隣亡の話
 本日は三隣亡(さんりんぼう)。
 棟上げ、屋立て、土起こし等は大凶とされています。
 三隣亡は、よく知られた建築に関わる大悪日です。

 この日、こうした禁忌を犯すと向こう三軒両隣まで焼き滅ぼされてしまうと
 か。大層恐ろしい暦注です。
 このため、建築業に携わる方々には大変気になる暦注で、そうした方々向け
 のカレンダーや手帳には必ずこの日が記載されているとか。
 実に恐ろしい三隣亡です。

◇三隣亡の撰日(せんじつ)法
 三隣亡は、二十四節気の節で区切る節切りの月というものと、日の十二支で
 決められる暦注です。二十四節気はこの「節」と「中」というものが、交互
 に並んでいます。節の始まりは立春なので、立春、啓蟄、清明と二十四節気
 を一つ跳ばしに拾い出して行けば二十四節気の節がわかります。

 こうして拾い出した節は、その順番に

  立春 ・・・ 正月節
  啓蟄 ・・・ 二月節
   (中略)
  小寒 ・・・ 十二月節

 と呼びます。節切りの月とはこの各節となる日から次の節の直前までを一月
 と数えます。
 この節切りの月と日の干支によってその日取りを決めるという暦注は多く、
 そういう意味では三隣亡は、暦注の王道を行っているといえます。
 まあ、逆の言い方をすれば、ありふれた暦注だともいえますが。

 では、実際の三隣亡はどうやって決められているかというと、節切りの月毎
 に、亥・寅・午の三つの干支を割り振っただけの単純なものです。
 その関係をまとめると次のようになります。

  一・四・七・十月  亥(い) の日
  二・五・八・十一月 寅(とら)の日
  三・六・九・十二月 午(うま)の日

 本日は、七月節である立秋の後、八月節である白露の前なので、節切りの月
 では七月に当たります。そして日の干支は辛亥(かのとのい)。十二支の部
 分は「亥」です。

 前述した節切りの月と十二支の組み合わせを見ると「七月の亥の日」は確か
 に三隣亡になることがわかります。至って簡単な規則です。
 節切りの月の日数は約30日前後で、十二支はもちろん12で、これが循環して
 いますから、節切りの月一月の間に、特定の十二支の日は2〜3回巡ってきま
 す。三隣亡もこの回数だけ出現するわけです。

 時折三隣亡が、終わってすぐにまた三隣亡が出現するようなことがあるので
 すが、これはその間で節切りの月が変わったためです。たとえば本日 9/5は
 三隣亡で、普通であれば次の三隣亡は12日後の9/17日頃のはずですが、実際
 は 9/8。
 これは、その間に八月節である白露(9/7)が入って節切りの月が変化するた
 めです。 9/8の三隣亡は八月の寅の日の三隣亡ということです。

◇三隣亡の流行は江戸時代の末期?
 三隣亡は今では大変ポピュラーな暦注なのですが、江戸時代の暦などにその
 姿を見ることはありません。

 三隣亡が広がり始めたのは、江戸時代の末頃からといわれます。
 このころに流行を始めた三隣亡が、明治の改暦による「暦注の大絶滅」以後
 それまでの由緒正しい暦注が滅んだ後にどこの馬の骨かわからないようなこ
 の三隣亡が「おばけ暦」と呼ばれる非合法(?)の暦に取り入れられて次第
 に人々に知られるようになりました。
 この辺の経緯は、現在隆盛を誇る暦注である六曜とよく似ています。

◇三隣亡は、「三輪宝」?
 三隣亡の出自ははっきりしません。なぜならこれは歴とした暦には書かれて
 いなかったマイナーな暦注だったからです。古い雑書などにも三隣亡という
 文字自体は見つかりません。

 ただ、古い雑書などにはこの「三隣亡」に相当する日取りに「三輪宝」とい
 う暦注が書かれています。三輪宝は「さんりんぽう」と読まれます。
 そしておもしろいのはこの暦注は、

   屋立てよし。蔵立てよし。

 と注されていること。つまり建築に関する吉日だったのです。三隣亡とは全
 く逆の暦注です。
 調べてみても三隣亡は無くて、その日取りの日にはこの三輪宝の文字だけし
 か古い暦関係の文献には登場しないことから、暦研究の大家である岡田芳朗
 氏は、

   江戸時代の暦の編者が、「屋立てよし」を「屋立てあし」と一文字間
   違えて書いてしまい、それが書き写されてしまい、いつの間にか定着
   してしまったのでは無いか。さらに「屋立てあし」には、目出度い文
   字である三輪宝はおかしいので、音がよく似ていて悪い意味にとれる
   「三隣亡」に置き換えられたのではないか。

 という推理をなさっています。一見、そんな馬鹿なと思える話ですが元々暦
 注の意味などはこじつけ以外の何者でもありませんので、こうしたこじつけ
 が行われることは十分考えられることです。
 私は、この岡田説が真実に近いのではないかと考えています。

 「三隣亡」じゃなくて、本当は「三輪宝」。
 「屋立てあし」じゃなくて、「屋立てよし」。
 いいと思いますがね?

◇たちの悪い迷信に惑わされないで
 だいたい、家を建てるとか、ビルを建てるなどと云うことは、普通の人の場
 合、一生に一度の大事ですから、こんな話をされれば迷信とわかっていても
 わざわざ、三隣亡のような「よく無い日」にしなくともいいだろうと思って
 避けたくなるのは人情。
 この人情につけ込んで脅かすのが迷信の困ったところ、その1

 さらに、自分が信じていなくとも「向こう三軒両隣を滅ぼす」なんて云う話
 だとご近所さんでこの迷信を信じる人がいたら、以後の近所付き合いが難し
 くなってしまいます。周り全部が信じないようにならないと、自分一人の意
 見を押し通しにくいというのが迷信の困ったところ、その2。

 そういえば山形などでは、この日家を建てると

   向こう三軒両隣は滅びて、その家だけが栄える

 なんていわれるそうで、そんな話をされたらますます「近所付き合い」を考
 えると家を建てられない日になっちゃいます。こうなるとまるで、脅し。
 たちが悪いこと甚だしい。

 こうしたたちの悪い暦注は無視するに限ると思ういますがいかが?
 自分が家を建てるときだけじゃなくて、近所に家を建てる人についても気に
 しないようにするのが一番。

 皆さんくれぐれも、たちの悪い暦注の脅しに屈しず、振り回されないように
 いたしましょう!

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇Kenさん、kktteaさん、冥王星さん、永井さん、猿山有希樹さん、
 m_jiryo69さん、Tomoさん、喜島さんからのメール

 > 満月の数(確認した数)をご報告致します。
 >  2020年 13回
 >  2021年 12回
 > です。

⇒昨日の日刊☆こよみのページでお願いしたグラフの読み取り結果を送ってく
 ださったみなさん、ありがとうございました。

 メールで回答してくださった上記8名の方々とTwitterで回答してくださった
 数名の方々、皆さん同じ結果でした。
 (こよみのページのツイート https://twitter.com/k_koyomi )

 一安心です。もちろん私が読んだ結果も同じでした。
 元々このグラフは

  意外と違う満月の日と十五夜の日(満月の月齢変化)
  http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0534.htm

 で「満月 望。月と太陽の黄経差が180°となる日。天文学的満月。旧暦の
 十五夜とは一致する率は50%以下である。」ということが事実であることと
 実際はどのような分布で有り、そうなる理由は何かといったことを説明する
 文章の導入のために用いたもので、「年毎の満月の回数は何回か」といった
 説明のためのグラフではないので、年ごとの区切りをそんなに気にはしてい
 ませんでした。

 とはいえ、もちろんいい加減にプロットしているわけでもありません。満月
 の日を求め、その年通日(正し1/1 0時を0.0日とする)を求め、これを1年
 の日数で割って・・・といった処理をしたあとでプロットしています。
 (プロットは、大昔から愛用しておりますgnuplotというソフトで)

 ところが、ひょんなことからこのグラフにある満月の回数について、ある方
 から、「2020年12回、2021年13回となっているが」というメールをいただい
 たので「満月は2020年13回、2021年12回です」と返信したところ

  「では、図1は間違いですね。あなたのミスです。訂正してください」

 と再度メールが来たので「???」となってしまったわけです。
 2020年の最後の満月の日付は12/30と年の区切りに近いところですので、グ
 ラフ化する際のプロットマークの大きさの関係から、2021.0年の線にマーク
 の一部がかかってしまっているので、これが誤読の原因になるのかとも思い
 ましたので

  世間一般の常識的読み方ではどうなる?

 と確かめて見たくて、皆さんのお時間をいただいた次第。
 つまらないことに巻き込んでしまって済みませんでしたが、どうやらこれで
 自信を持って「グラフを訂正するつもりはありません」と答えられます。

 最初からグラフを訂正する考えはなかったのですけど、「自分の常識は世間
 の非常識」ということが時にはある(結構ある?)ので、念のためでした。
 本当に皆さん、お手数をおかけいたしました。

 (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。)

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 先週の土日に続き、今週の土日もおとなしく自宅でPCに向かい続けなければ
 ならないようです。ああ。

 8/31号のこのコーナーでぼやいておりました、先方のトラブルで依頼書が届
 いていなかった件、その後、「本来の依頼書」が届きました。

 9月に入って受け取った依頼書に書かれていた原稿の締め切り日は8/20。
 やはりね・・・。

 依頼元のミスでしたから、締め切りは10/1までとなりましたが、普段は2ヶ
 月程かけて行う作業(計算と図化、結果の点検・・・)を1ヶ月。なかなか
 きついのに、別件で既に追い詰められているところなので、とってもきつい
 かな。

 ということなので、日刊☆こよみのページを発行したら、おとなしく頑張る
 ことにします。でもな、今ひとつ気分が。
 もう、そんなこと言っていられませんけれど。

 皆さんは私の分(?)まで、有意義な土日をお過ごしください。
 ではよい週末を。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/09/27
20/09/26
20/09/25
20/09/24
20/09/23
20/09/22
20/09/21
20/09/20
20/09/19
20/09/18
20/09/17
20/09/16
20/09/15
20/09/14

古い記事