月の距離とスーパームーン
今日の話題は、一時話題となったスーパームーンについてです。

 2012年5月6日の満月は「スーパームーン」 

とひとしきり騒がれました。
騒がれた余波がこよみのページにも押し寄せて、

 「スーパームーン」てなんですか?

という質問らしきメールがこの日の半月ほど前辺りから何通か届きました。
2012/5/6の日の月は、地球にかなり近づいた時に満月をむかえていたので、見かけの大きさは平均的な満月より大分大きく明るく見えるはずでしたから、多分そうした満月をスーパームーンSupermoon)と呼ぶらしいことは容易に想像できたのですが、このときに話題となるまで、スーパームーンという呼び名を耳にしたことはありませんでした。

 昔はスーパームーンなんていう呼び名は無かったけど・・・昔からあったのかな?

と思いながら、スーパームーンとはなんぞやとネットで検索してみたところ、次の解説記事を見つけました。

【スーパームーン】(Supermoon)
 月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿、またはその現象をスーパームーンという。
  (中略)
 もともと「スーパームーン」とは近年になって言われ始めた占星術の用語で、惑星直列などとともに、地震が起こるなどの災禍が訪れるという風説がある。
 しかし、そのような事実の裏付けはなく、力学的には潮位の干満の差がわずかに大きくなる程度に過ぎないと考えられている。

 『知恵蔵2011』の解説
   《kotobank(http://kotobank.jp) 「スーパームーン」より抜粋》

このkotobankの説明によれば、
  「スーパームーン」とは近年になって言われ始めた占星術の用語
だそうですから、「昔はなかった」という私の記憶は間違ってはいなかったようです。
しかも「占星術の用語」なら知らなくても仕方がないと妙な納得をしつつ、スーパームーンの話を進めて行きます。


インフレ気味のスーパームーン
記事を書いてから、およそ7年。
その間に、スーパームーンという言葉は徐々に一般社会にも広がってきたようです。
しかし、広がってきたのはそれだけではなく、言葉の持つ幅(?)も広がったようでした。

いくつかのニュースで 2019/02/19〜20にかけての満月がスーパームーンになるといっていました。少し前に掲げた、私の1990〜2050年までのスーパームーンの表にはないスーパームーン。
計算してみると、この時の月の近地点通過と満月の瞬間の日時は

 近地点通過・・・2019/02/19 18h03m
 満月の瞬間・・・2019/02/20 0h54m (いずれも日本時)

その差は 6時間51分。
候補Bの制限とした6時間よりも開いていました。このため表には入っていません。
「スーパームーン」という言葉を初めて耳にした、7年前くらいでは、スーパームーンはかなり珍しい現象という感じだったのですが、近頃はなんだか、1年に1度くらいは「今夜はスーパームーン」という言葉を耳にしている気がします。
まあ、明確な定義のある現象ではないですから、「うれしい現象なら沢山あったほうが嬉しい」と、増えていっているのかもしれません。
でも、あんまり増えすぎたら、有難みが無くなっちゃいそうですけど。

エクストリーム・スーパームーン
改めてウィキペディア(2019.02.19現在)でスーパームーンを引いてみたら、こんな記述が見つかりました。

 ---- 以下ウィキペディア、「スーパームーン」より引用 ----
 近年では、特に最接近して近点から前後1時間以内に満月または
 新月を迎えることを「エクストリーム・スーパームーン」
 (Extreme Supermoon)、あるいは
 「エクストラ・スーパームーン」(Extra Supermoon)と呼ぶ場
 合があり(以下略)
 ------------------ 引用ここまで -------------------------

増えすぎて、普通のスーパームーンだと有難みが薄らいだからでしょうか、エクストリーム・スーパームーンなんていう大層な名前のスーパームーンが出来ていました。
でも、このエクストリーム・・・の条件て、私の計算した表の候補Aとおんなじ。
ちょっと前までなら、普通のスーパームーンの条件だったと思うのですが。
インフレ化しているスーパームーン、果たしてどこまで行くのやらです。

※2019/02/19 追加

◆説明で省略したこと・・・「月は地球の周りを回っている」は嘘?
 これまでの説明では、月は地球の周りを公転しているという説明をしてきましたが、これは実は正しくありません。正しくいうなら、

  月と地球は、その共通重心の周りをお互いに公転している

というべきでしょう。月の質量は地球の質量の約1/81。かなり小さいことは確かですが、それでも無視できるほど小さくはありません。このため、地球と月は互いの共通重心を中心として、180°の角度を保ったまま、それぞれに公転運動をしているのです。共通重心という支点を持った棒の端にゾウ(地球)が乗り、その反対の端に子供(月)が乗ってクルクル回っているようなものです。
 共通重心から月重心までの距離Aと地球重心までの距離Bの関係は
  A:B = 地球質量:月質量
  A+B = 地球重心と月重心の距離
共通重心と月と地球の距離となります。その関係関係を示したのが右の図(模式図ですので月と地球の大きさとその距離の関係はいい加減です)。
月と地球の距離として平均距離の384400kmを使うと、共通重心と地球重心の距離Bは約4700kmとなります。地球の半径は約6400kmですから、地球と月の共通重心は地球の内部にあることになりますので、月の運動の概略を話すような場合は「月は地球の周りを回っている」とこの辺の事情を省略して説明することが多く、今回のスーパームーンの話でも省略させていただきました。
余 談
Supermoon の半月後の金環日食
 スーパームーンの話を書くきっかけとなったのは2012/5/6の満月。その満月の半月後の5/21の新月の日には金環日食が起こりました。

 このときの金環日食は、日本の広い範囲で見ることのできた大変条件のよいものでした。 5/6に近地点で大きな満月となった月が、その半月後の新月の日に遠地点近傍で日食を起こしました。このときの月は遠地点を通過して間もなくでしたので、見かけの大きさは小さくて、私の勝手な造語でいえば、頼りないPoormoonの状態。

 見かけの月の大きさが小さかったので、このPoormoonの新月は太陽全部を隠しきれず、金環日食になりました。

  ああ、これがスーパームーンの時に起こった日食だったら
  皆既日食になったのに。
  惜しいことしたな・・・

とぼやいたかわうそでした。
※記事更新履歴
初出 2012/04/10
修正 2019/02/19 (加筆)
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  • 良→
  • やや良→
  • 普通→
  • やや悪→
  • 悪→
■2010.6.1〜の記事の評価
 評価   , 閲覧数 
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0530.htm
暦と天文の雑学
http://koyomi8.com/
こよみのページ