なぜずれる? 二十四節気と季節感
なぜずれる? 二十四節気と季節感
 まずは誤解の無いように
 二十四節気と季節が合わないというとすぐに

 「それは、新暦と旧暦の違いによるのですね」

と考える方がいらっしゃいますが、これは二十四節気について(そして新暦や旧暦について)正しく理解していない方が往々なさる誤解です。この誤解については暦の上では「××」です既に説明を書きましたのでそちらをお読みください。
 今回の話は二十四節気と季節がずれているように感じられる原因が現在の二十四節気の成立の過程や、二十四節気が生まれた場所にあるのではないかという話です。

二十四節気が季節に合わないのはなぜ? 
 私は二十四節気にはその成因によって二つの系統の名前があると考えています。そして二十四節気と季節のずれの原因はその系統によって異なっていると考えています。
 二十四節気の名称を見て行くと、天文現象に由来する(二至二分など)ものと、気象や動植物、農作業などから来たのではないかと考えられるもの(雨水や啓蟄、芒種や大暑など)の二つの系統の名前があります。どの名前がどうかという説明は二十四節気が出来る過程に関係あることなので、それについて書いた二十四節気の誕生に譲ることにして、ここではそれぞれの系統毎の季節とのずれの理由を考えてみることにしましょう。
余 談
二十四節気と季節感のずれには以前から、なぜだろうと漠然と疑問を持ったまま過ごしておりましたが、今回の記事でどうやら疑問への一つの解答を得た気がします。
さて、今回のこの解答は「正答」、「誤答」いずれでしょうか?
※記事更新履歴
初出 2004/10/09
修正 2022/03/12 (加筆修正、画像追加)
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  • 良→
  • やや良→
  • 普通→
  • やや悪→
  • 悪→
■2010.6.1〜の記事の評価
 評価   , 閲覧数 
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0702.htm
暦と天文の雑学
http://koyomi8.com/
こよみのページ