暦と天文の雑学 http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0430.htm http://koyomi8.com/ こよみのページ
←目次へ戻る  ☆この記事の評価は記事末
恵方詣に、恵方巻・・・恵方ってどっち?
   「今年の恵方は○○○の方角です。恵方詣には××神社へ」
元旦に届くチラシにこんなことが書かれていることがあります。
最近では、節分の頃にも「節分には○○○の方角を向いて恵方巻を食べましょう」というポスターを見かけることもあります。

恵方詣? 恵方巻?、恵方? さてなんでしょう?

現在はさすがに廃れたと思うのですが、昔は方角によって吉凶判断をよく行ったようです。どちらかといえば、「凶」の方に注意が向いて、凶の方向への旅や、引っ越し、嫁取りなどは避けようとしたようです(「方忌み(かたいみ)」)。またその方角へ向かう場合凶事を避けるため、一旦別の方向に向かってから出直す、方違え(かたたがえ)などを真剣に行っていたようです(源氏物語なんかに、頻繁に出てきます)。もちろん迷信に決まっていますので、気にしないことです。

さて、今回はこの「方角による吉凶判断」の「吉」の側の話です。
年末年始に町の本屋さんの店頭を飾る「高○易断××館 運勢暦」などの最初のページを開くと、乙姫様のような女神様の絵が描かれています。
この神様は吉神で、この神様のいらっしゃる方角はこの神様の力によって、他の悪い神様の影響を受けない方向とされ、明の方(あけのかた)あるいは恵方と呼ばれるようになりました。この目出度い神様は歳徳神と呼ばれます。

さてこの歳徳神様、移り気な性格というわけではないのでしょうが、年ごとにその居場所をかえます。このために冒頭に書いたように
 「今年の恵方は○○○」
となるわけです。

本当のところは、恵方は、元々は正月の神の来臨する方向であったが、九星術流行とともに「歳徳神」の所在する方向と考えられるようになったものなので、順序が違うのですが、現時点で考える限り、どちらでも同じことですので、気にしないで話を進めます。

「恵方」と年数の関係(年の十干で定まる)
年の十干方 角西暦年末尾
の数字
甲・己の年甲(寅卯の間)東北東4 または 9
乙・庚の年庚(申酉の間)西南西0 または 5
丙・辛の年丙(巳午の間)南南東1 または 6
丁・壬の年壬(亥子の間)北北西2 または 7
戊・癸の年丙(巳午の間)南南東3 または 8
恵方表示盤
恵方は、恵方詣や恵方巻を食べる際に必要になる方角ですが、今書いたように毎年変わります。困った・・・いえ、ご心配なく。年の十干さえ判れば次の五通(重複をのぞくと四通)しか無いのです(右表参照)。
表では、今ひとつわかりにくいという方は、表の最後の「西暦年の末尾の数字」で、該当する数をクリックして下さい。右の図で、その年の恵方の方角を示します。
(ついでにここにも。西暦年末尾1桁を並べてみました。クリックして遊んで下さい
  0 , 1 , 2 , 3 , 4 ,
  5 , 6 , 7 , 8 , 9 )
  • 恵方詣(えほうもうで・えほうまいり) 
     恵方詣は江戸の頃から盛んになったもので、初詣は、自宅の場所から見て恵方にある寺社に詣でるというものです。これは、初詣に限らず、その一年間は好んでその寺社に詣でたものと想像出来ます。
     江戸の頃は、今に比べて娯楽も少なかったでしょうし、「遊び歩く」ことには周囲の目が厳しかったでしょうが、寺や神社への参拝は「大手を振って行える」ものでしたから、信心深い方も、ただ遊びに出かけたい方も、今よりずっと数多くの回数の参拝をしていたと思われます。恵方は方角ですから、別に遠い近いという区別をする必要はありません。とすれば、
     「今日はいい天気だし、明の方の○×の八幡様にお参りにゆくか。
      いや、毎度同じでもつまらないから、足を伸ばして、△◇の○△寺参りかな」
    何ていうこともあったのかもしれませんね。
  • 恵方巻(えほうまき) 
    関西ではやりだした行事である。
    私の記憶では一昨年(2003年)あたりからは、東京のコンビニエンスストアにも「節分には恵方巻」のようなポスターが貼られるようになった。1997〜1999年も東京で暮らしていたがそのころはこういったものを見かけなかったから、箱根の関を恵方巻が越えたのはごく最近のことのようである。
    大阪の商人の街として知られる舟場あたりで明治の初め頃から始まった行事だという説が有力なようだが、海苔業者が海苔の消費拡大を狙ってキャンペーンをしたことがきっかけで拡がり始めたと言われる(何たって、節分の日は「のり巻きの日」。もちろん海苔業者団体が制定した記念日。1987年制定)。
    インターネット上の、フリー百科事典 Wikipedia
    によれば、

    節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、太巻きをまるかぶりするのが習わしとされる。食べている間は、無言でなければならない。
    七福神にちなんで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶなど七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。「福を巻き込む」という説明もある。
    Wikipedia - 恵方巻 抜粋

    となっている。
    「まるかぶり」については、包丁で切ることで中に巻き込んだ福がこぼれないためとも言う。また、赤い色(でんぶ?)を赤鬼、青い色(キュウリ?)を青鬼と見立てて、これを平らげるという話も聞いたことがある。まあ色々の見解があるようだ。
    ちなみに現在の節分(春の)は、昔は年越しの日の意味合いがあった(節分と豆まきも読んでね)ことを考えると、上の七福神や、包丁を使わない(金気を避ける・切るという言葉を忌む)ということも、現在の正月行事(お正月も読でね)に通じるものがある気がする。
    誰か、研究して教えて下さい(自分ではしないと宣言しているみたいですね)。

かわうそ@暦 2005.02.02

余 談
いつものことながら
泥縄である。
「今年の恵方はどっちですか?」
という質問が幾つも舞い込んできたので面倒になってこれを書いております。それも、節分前夜に(2005/02/02)。
まあこれで来年からこの質問が少しでも減るのならそれでいいのですがね。そう期待しながら、恵方巻にかぶりつくことにします。
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  良 →  やや良→  普通→  やや悪→   悪 →
■2010.6.1〜現在までの 読者評価   , 閲覧数 

←目次へ戻る
  【↑】前の話題 土用のはなし
  【↓】次の話題 星占いと星座の話(あなたは本当に××座の生まれ?)
こよみのページ http://koyomi8.com/(http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0430.htm) 暦と天文の雑学