暦と天文の雑学 (http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm)http://koyomi8.com/ こよみのページ
←目次へ戻る  ☆この記事の評価は記事末
中秋の名月はいつ? (旧暦の十五夜は満月か?)
  

「秋になーれば思い出す・・中秋の名月」。 

 毎年12ないしは13回の満月があるのに、なぜか特別扱いされる中秋の名月(「仲秋の名月」ではない)。

「八月十五日」と書いて「なかあき」と読む名字の方がいらっしゃるそうですが、

 「なかあき」=「中秋」

のことで昔から八月十五日の月を「中秋の名月」と呼んできました。

名月  一年には「春夏秋冬」の四季があります。旧暦では三ヶ月毎に季節が変わり、

 「一・二・三月」は春、「四・五・六月」は夏、
 「七・八・九月」は秋、「十・十一・十二月」は冬

と分けられます。そしてそれぞれの季節に属する月には
 初・中・晩 あるいは、孟・仲・季 
の文字をつけて季節をさらに細分するのに使いました。たとえば旧暦四月は「初夏」あるいは「孟夏」となります(孟・仲・季の文字は中国では兄弟の年の順を表す場合に用いられ、孟は年長者、仲は真ん中、季は末っ子を表します)。
 この季節の細分によれば、「八月」は秋の真ん中で「中秋」あるいは「仲秋」となります。旧暦の暦月の日数は29日か30日のいずれかですから、15日は暦月の真ん中の日と考えることが出来ます。
旧暦の八月十五日という日は秋の真ん中の月の真ん中の日、つまり秋全体の真ん中の日と考えられますから、この日のことを「中秋」と言うことがあります。旧暦は太陰暦の一種ですから日付は空の月の満ち欠けの具合によく対応します。月の半ばである15日の夜の月は必ず満月か満月に近い丸い月が見えることから

 「十五夜の月」 = 「満月」

と考えられるようになりました。中秋の日(旧暦八月十五日)の夜の月も当然満月かそれに近い月です。中秋の日の夜に澄んだ秋空に昇るこの丸い月はやがて中秋の名月と呼ばれるようになり、これを観賞する風習が生まれました。

お供えの団子 秋は収穫の時期でもありましたのでその年の収穫物を月に供える風習が各地に残っています。「芋名月」などの呼び名はここから生まれたものだと考えられます。

「芋」は、「いもにーちゃん」のように使って「冴えない」という意味にとられることもあるので芋名月では「冴えない月?」みたいな印象を受けそうですが、違いますよ!。
 現在、月見団子を供えるのも、芋を供えた風習の変形だと考えられています(団子は芋の代わり)。

中秋の名月日付比較
(表中日付は新暦)
西暦年旧暦8/15曜日満月
200009/12火曜09/14+2
(以下は近年10年分の比較)
201009/22水曜09/23+1
201109/12月曜09/120
201209/30日曜09/300
201309/19木曜09/190
201409/08月曜09/09+1
201509/27日曜09/28+1
201609/15木曜09/17+2
201710/04水曜10/06+2
201809/24月曜09/25+1
201909/13金曜09/14+1
※表示期間を更新(2011.8)
 さて、ここで実際の旧暦八月十五日の中秋の名月を調べてみると、実は満月でないことが多いのです。右の表は2000年及び近年の10年間の旧暦八月十五日の日付と実際の満月の日付を比較したものです。
どうしてこんなに違うかですが、
  1. 旧暦1日(ついたち)の決め方
    旧暦の1日は「朔(新月)となる瞬間を含んだ日」ですので、0時0分に朔となる日も、23時59分になる日も同じく「一日」になります。

    これを考慮すると旧暦15日の月齢は、最小13.0,最大15.0,平均14.0となります。
     
  2. 朔から望までの日数(平均)
    朔(新月)から望(満月)までの平均日数は、約 14.76日で、これが本当の満月の月齢の平均となります。これは 1の旧暦15日の月齢平均より0.76日分だけ長い値です。このため、実際の満月は旧暦15日より遅れる傾向があります。
     
  3. 朔と望までの実際の日数
    月の軌道が円でないなどの理由から、朔から望までの日数は約13.9〜15.7日の間で変化します。
上記1〜3の理由が絡み合って、旧暦15日と満月の日付が一致しないことがあります(というか、一致しないことの方が多い)。長い目で見れば1,2の理由から実際の満月は旧暦15日に較べて約0.76日後にずれるはずです。2000〜2009年の10年間の日付を計算して日付のずれを平均すると「+0.8日」となり、ほぼ理論通りずれていることがわかります。

 この文章を書いている2000年の旧暦八月十五日と満月の日付を比べてみるとその差は 2日。 「どっちですか?」 と聞かれたことがきっかけで、この話を書き始めました。確かめてみると、だいたい半分は本当の満月と旧暦八月十五日の日付が異なることがわかりました。

 では、中秋の名月は正しい満月の日に行うべきかと言えば、そうでは無いと考えます。
 「中秋の名月」は一種のお祭りですから厳密に満月であることが必要なのではなくて、「八月の十五夜の月」として誰でもその日がわかることが重要なのです。やはり中秋の名月は「十五夜お月様」でなくてはなりませんよね。
余 談
中秋の名月」か「仲秋の名月」か?
 季節は八月なので「仲秋」を使いたいところですが八月十五日と限定すると秋の真ん中なので「中秋」が正しいらしい。ということは八月十五日の名月は「中秋の名月」なのだそうです。
 
中秋の名月の晴天率
 月見といえば「中秋の名月」と言うのですが、この時期(現在の暦の 9〜10月)は台風のシーズンであり、また秋の長雨の時期にもかかりますから、昔からあまり晴天率が良くなかったようです。
江戸時代の書物には「中秋の名月、十年に九年は見えず」のような記述もあるほど。さて、今年の名月は見えるのでしょうか?
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  良 →  やや良→  普通→  やや悪→   悪 →
■2010.6.1〜現在までの 読者評価   , 閲覧数 

←目次へ戻る
  【↑】前の話題 お正月
  【↓】次の話題 もう一つの名月・九月十三夜の月
こよみのページ http://koyomi8.com/(http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm) 暦と天文の雑学