暦と天文の雑学 http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0724.htm http://koyomi8.com/ こよみのページ
←目次へ戻る  ☆この記事の評価は記事末
節句の話・五節句(五節供)とは
    節句はもとは「節供」と書き、江戸時代は年に5日が公式に法制化された式日(現在の祝日みたいなもの)でした。この5日を「五節供」と言い、現在も重要な年中行事となっています。
 以下に五節句の日付と内容について表にまとめてみましたのでご覧ください。
 なお、各節供の細かな内容については順次掲載してゆく予定ですので、そちらも併せてお読みください(表中の節句名にリンクが張られたものは、詳細記事があります)

五節句と行事・由来
節句日付別名主な行事・由来など
人日
(じんじつ)
正月七日七草の節句中国の古い習俗に由来する。
この日、七草粥を食べ邪気をはらう風習がある。七草を刻む際、鳥追い歌(これを七草囃しという)を歌う習俗もある。
上巳の節句
(じょうし)
三月三日桃の節句
雛祭り
重三
草餅の節句
元は三月の最初の「巳の日」。古くは河で禊ぎをし汚れを祓い、また身代わりに人形に汚れを移して河や海に流した。江戸時代以降は、雛祭りとして庶民にも定着し、女子の節句とされた。
端午の節句
(たんご)
五月五日菖蒲の節句元は五月の最初の「午の日」。古くはこの日薬草摘みを行い、摘んだ蓬や菖蒲を門口に飾った。菖蒲(ショウブ)の語が「尚武」に通じるとして武士の台頭に従い、庶民にも浸透し立身出世を願い幟や兜飾りを行うようになった。男子の節句
七夕の節供
(しちせき)
七月七日笹の節句
たなばた
中国から伝わった牽牛星と織女星の星祭り伝説が元。日本では古来からあった「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説との類似性から七夕の日として定着。女子が裁縫や手芸、書道の上達を願う行事も各地に残る。
重陽の節句
(ちょうよう)
九月九日菊の節句
重九
易で陽数の極である「九」が重なることから目出度い日とされた。この日は菊の花を飾り、丘などに登って邪気をはらい長寿を祈る風習が中国にあり、これが日本に伝わったもの。宮中では「観菊の宴」を開き長寿祝う節句の中でもっとも公的な性格が強いもの。民間にはさほど定着していない。

 五節句は現在でも(姿はかわっても)各地で祝われる節目の行事。大切に残してゆきたいものです。各節句の詳しい内容については、時間のとれるときに順次書いてゆきたいと思いますのでお楽しみに(まだ書いていない言い訳・・・)。
後日追記 2002/01/07 に無事に書きあがりました。
余 談
節句の月と日
 五節句の日付を見ると、人日以外は月と日の数が同じ、それも奇数。これは五節句の発祥の地、中国で奇数は「陽数」でこれが月日の形で重なる日は目出度い日という考えが有ったためのようです。
節句と労働
 上巳の節句から重陽の節句までの期間というのは、ほぼ農作業の期間に一致します。五節句の日は昔から農村の共同体みんなが休む日となっていたようですから、当時の厳しい農作業に従事する者に節目節目で休息と娯楽を提供すると言うような効用もあったと考えられます。でも2月に1度というのは辛いですね。
■この記事を評価してください(最高5 〜 最低1)
  良 →  やや良→  普通→  やや悪→   悪 →
■2010.6.1〜現在までの 読者評価   , 閲覧数 

←目次へ戻る
  【↑】前の話題 父の日とバラの花
  【↓】次の話題 人日の節供(七草の節供・七草の節句)
こよみのページ http://koyomi8.com/(http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0724.htm) 暦と天文の雑学